パワーポイント(PowerPoint)の使い方/スライドのデザイン

スライド番号を使いこなすコツ

スライド番号を付けておくと、全体のボリュームが確認できると同時に、質疑応答の際に、質問箇所を指定しやすくなります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スライドが完成したら、スライド番号(ページ番号)を付けておくといいでしょう。スライド番号があると、全体のボリュームが確認できると同時に、質疑応答の際に、質問箇所を指定しやすくなるというメリットがあります。

今回は、スライド番号を付ける基本操作と、スライド番号に手を加えてわかりやすく見せる応用操作を紹介します。

スライド番号はフッターに設定する


まず、作成済みのスライドにスライド番号を付ける基本操作からみてみましょう。「挿入」メニューの「スライド番号」をクリックします。

スライド番号は作成途中で付けてもかまわない


「ヘッダーとフッター」ダイアログボックスが表示されたら、「スライド」タブの「スライド番号」にチェックを付けます。さらに「タイトルスライドに表示しない」にチェックを付けてから「すべて適用」ボタンをクリックします。

一般的に表紙のスライドにはスライド番号は付けない


2枚目以降のスライドの左下に「2」から始まるスライド番号が表示されました。これは、「ヘッダーとフッター」ダイアログボックスで「タイトルスライドに表示しない」にチェックを付けたために、表紙のスライドに付くはずの「1」の番号が非表示になっているからです。

デザインによって、スライド番号が右下に表示されるものもある


ただし、これでは違和感がありますね。2枚目のスライドから「1」と表示されるように変更しましょう。それには、「ファイル」メニューの「ページ設定」をクリックします。

スライド番号の開始番号を変更する


「ページ設定」ダイアログボックスで「スライド開始番号」を「0」に変更して「OK」ボタンをクリックします。これで、表紙のスライドには「0」の番号が非表示で付き、2枚目に「1」のスライド番号が付くというわけです。

表紙のスライドが「0」から始まるように設定する

2枚目のスライドに「1」と表示された


あとからスライドを追加したり順番を入れ替えたりしても、スライド番号は自動的に更新されるので、その都度設定し直す必要はありません。

スライドの総ページ番号を付け足す


スライド番号を「スライド番号/総スライド数」のように表示しておくと、全体のボリュームが把握できて便利です。総ページ数を付け加えるには、スライドマスタ画面を使います。「表示」メニューの「マスタ」から「スライドマスタ」をクリックします。

スライド番号に書式を付けるときは、スライドマスタ画面を使う


スライドマスタ画面の左下に「<#>」と表示されている部分がスライド番号を表示する領域です。つまり、スライド番号のサイズや色を変更したいというときは、この領域を選択して書式を設定すればいいのです。今回は、「<#>」の「>」の右側をクリックして「/7」とキーボードから入力します。

総ページ数が変更されたときは、手動で修正しなければならないので注意が必要だ


文字を追加したので、スライド番号のサイズを小さくしておきましょう。「<#>」の外枠をクリックしてスライド番号の領域全体を選択し、ツールバーの「フォントサイズ」ボタンから「20」をクリックします。

標準モードに戻ってバランスを見ながら調整しよう


スライド番号の位置が気に入らないときは、「<#>」の外枠をドラッグして移動すれば、好きな位置に表示させることもできます。すべての修正が終ったら、「スライドマスタ表示」ツールバーの「マスタ表示を閉じる」ボタンをクリックして、修正後のスライド番号を確認しましょう。

スライド番号に総ページが追加できた



>最後に、スライド番号のカスタマイズ例を紹介します

更新日:2009年06月02日

(公開日:2008年07月25日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する