転職のノウハウ/内定・入社・退職手続き

「退職願」の正しい書き方、ご存知ですか?

封筒はいる? 縦書き? などわからないことの多い「正しい退職願の書き方と出し方」のポイントについて解説します。

執筆者:高野 秀敏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ボーナスをもらってから転職しよう。」を考える人、多いですよね。転職するには退職届が必要。。しかし、「退職願」って案外、どうやって書いたら良いのか、また、いつ出せばよいのかわからないもの。そこで今回は、「退職願」の書き方と出し方のポイントを考えます。

基本的な「退職願」の書き方

原則として:会社の就業規定に書いてあります。それに従うことです。一方で、ベンチャー企業や中小企業の場合、あまり整備されていないケースが多いようです。以下のポイントにしたがって書いてみましょう。

■用紙、筆記用具
白地の縦書きの便せんに、黒インクの万年筆かサインペンで
■書き出し
本文の書き出しは「私事」または「私儀」
■表題
必ず「退職願」とし、1行目のほぼ中央に書きます
■退職理由について
「一身上の都合」とだけ記入
■退職日
上司の方と相談の上、決定した日付を記入
■届け出年月日
退職願を提出する日付を書く (※退職願を書いている日ではありません)
■署名、押印
所属している部署と名前を書き、その下に押印をしてください
■あて名
あて名は社長名。自分の名前の位置は社長の名前より下に
■封筒
白地の縦長の封筒が一般的。表の中央に「退職願」、裏に部署名と氏名を記入

これらを踏まえると、下記のようになります(※クリックすると画像が拡大表示されます)。

封筒の書き方サンプル
封筒の書き方サンプル(クリックで拡大します)
退職願の書き方
退職願の書き方サンプル(クリックで拡大します)




※次のページでは、退職願を出すタイミングを解説します。

更新日:2006年12月20日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    30

    この記事を共有する