ビジネスマナー/職場の人間関係・社内行事

退職時のマナーを守って最後までよい印象を

年度の変わり目に、職場を去る人もいるでしょう。辞める理由は何であれ、「立つ鳥、跡を濁さず」という言葉通り、引継ぎや挨拶もキチンとして去りたいもの。退職時のマナーを見てみましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この春、今の職場を辞めて、新しくスタートを切るという方は、どれくらいいらっしゃるのでしょうか。転職や退職の理由は、様々だと思いますが、退職するタイミングで一番多いのが、やはり年末と年度替りの3月末。もしあなたが退職をする方であれば、“立つ鳥、跡を濁さず”という言葉があるとおり、今までお世話になった方々にきちんとご挨拶をして失礼したいものですね。今回は、退職時のマナーについてご紹介しましょう。

退職を伝えるタイミング

退職の時期は、今までお世話になった職場に迷惑をかけないで済むようタイミングを考えて。
よくドラマなどで、主人公が辞表や退職届をスーツのポケットから出して、上司の机の上に置き、そのままオフィスを出ていくシーンがありますが、届けを出したその日に辞めることはできません。

辞めることを心に決めていたとしても、いきなり退職届けを出したり、他の人がいる前で「辞めます」などと切り出すのはマナー違反。まず直属の上司に「折り入ってお話があるのですが」と時間を取ってもらうようにします。静かに落ち着いて話せる会議室などで、「実は、退職させていただくことを考えております」と切り出すようにします。

退職理由は、本当のことを言う?

「なぜ退職したいのか」という理由を聞かれると思いますが、「誰それがどうだ」というような人の悪口や、「お給料が低い」など職場や勤務先に対する不満では、「職場の状況を改善するから」と言われたら、辞める理由がなくなってしまいます。あくまでも、「一身上の都合」で通しましょう。

ただ、家族の介護や自分の病気などが理由の場合は、職場によっては、在宅での仕事が可能になったり、出勤形態を配慮してくれる可能性もありますから、「相談」してみてはいかがでしょうか。ただし、家族の介護や病気だとウソをつくことは、辞めましょう。マナー違反です。

退職の理由をあえて伝えるとすれば、「ずっと勉強を続けてきたことについて、そろそろ実力を試したくなった」など、気持ちよく送り出してもらえるような理由を伝えるようにしましょう。

上司に伝えるタイミングは?「退職願」ってどう書くの?>次ページへ

更新日:2013年03月01日

(公開日:2010年09月29日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    16

    この記事を共有する