ほとんどの人の転職理由は不平・不満!

ある年の調査では、割合の多い順に
「満足のいく仕事内容でなかったから」(15.7%)
「労働条件(賃金以外)がよくなかったから」(14.6%)
「会社の将来性に不安を感じたから」(12.4%)
など。

出典: 面接時の転職・退職理由をクリアする [転職のノウハウ] All About

採用担当者は「転職理由」で何を判断する?

一言で言えば「またすぐに転職してしまわないかどうか」。
自己PRや志望動機と違って「この人大丈夫かな?」という不安材料をチェックしています。
そのため、「不安にさせない」テクニックが必要になってくるのです。

出典: 失敗しない転職理由の書き方 [転職のノウハウ] All About

転職理由を書く際の注意点

まずは「本音」を起点にしよう

とはいえ全くの嘘からスタートしてしまうと、面接の過程で必ずボロが出てしまいます。
起点は正直に、表現だけを工夫していきましょう。

出典: 2/3 失敗しない転職理由の書き方 [転職のノウハウ] All About

ネガティブな本音は「聞こえよく」言い換えよう

相手に伝わる表現を丁寧に工夫することは、ビジネスの基本。
口八丁のように思えても、自分が面接官だったら
「上司が嫌だったから」と「優秀な人が多い環境で働きたいから」
どっちを採用したいですか?

出典: 2/3 失敗しない転職理由の書き方 [転職のノウハウ] All About

転職理由は2つまで、短い文量でまとめよう

誤解なきよう説明を尽くしたいのはやまやまですが、
言い訳がましくなったり文句ばっかりな人物と思われても逆効果。
150字~200字程度の短いものでかまいません。

出典: 3/3 失敗しない転職理由の書き方 [転職のノウハウ] All About

年齢・経験によっても書き方を変えよう

26歳以下…「成長したい」ニュアンスを強めに
30歳以上…「経験を生かしたい」ニュアンスを強めに
未経験…興味を持った経緯と、前職との関連性を練りこんで

出典: 失敗しない転職理由の書き方 [転職のノウハウ] All About

そのまま言っちゃダメ!なネガティブ理由と言い換え例

「労働条件や待遇がよくなかったから」

→「能力や実績を正当に評価してくれる環境で働きたいと考えた」など

出典: 4/4 面接時の転職・退職理由をクリアする [転職のノウハウ] All About

「満足のいく仕事内容ではなかったから」

「キャリアアップのためにより領域の広い仕事に就きたいと考えるようになった」

出典: 4/4 面接時の転職・退職理由をクリアする [転職のノウハウ] All About

「会社の将来に不安を感じたから」

→「意見やアイデアを十分くみ取ってもらえるような風通しのいい職場で働きたい」

出典: 4/4 面接時の転職・退職理由をクリアする [転職のノウハウ] All About

人間関係がうまくいかなかったから

→「お互いに切磋琢磨しながら成長できる上司、仲間がいる環境で働きたい」

出典: 4/4 面接時の転職・退職理由をクリアする [転職のノウハウ] All About