話し方・伝え方/話し方・話題作りの基本

好感度アップ早口を治す1分間トレーニング

ゆっくり喋って貰えますか?…自分が早口だと気付いても、いざとなるとなかなか治せないもの。もしかすると大切な業務内容が伝わりにくくなっているかも知れません。早口の改善を、呼吸と声から考えていきましょう。

執筆者:楠瀬 誠志郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
聞き返される原因は声の大きさではない?
職場での業務内容はすっきり一度に伝えたいもの。ただ、話をした後に「もう一度説明してくれる?」と聞き返されることはよくありますよね。それが何度も続くと自分の話し方にコンプレックスを抱いて、いざ話をする時に萎縮してしまうことも……。

話が理解されにくい要因はいくつか考えられます。まずは内容が分かりにくい時、声が小さくて聞こえない時、そして話す人が早口で聞いている側がついていけない時です。今回はこの早口と声についてお話をしましょう。

癖としての早口は、仕事上のコミュニケーションに支障をきたします。「早口過ぎて分からないよ!」とはなかなか言いにくいので、相手は聞こえた範囲から予測を立てざるを得ません。すると中途半端な理解になるデメリットはもちろん、当人に対する不信感が募ります。あの人の説明は聞き取りにくいと一度インプットされてしまうと、ビジネスでは大変不利なのです。

早口になる原因はここにあった!

声は吐きながら出すものですが、これは、現代人は無呼吸に近い状態で声を出しています。呼吸を特に意識せずに口先だけで喋る方が簡単なので、肺活量のうちのわずか15%しか息を入れずに話しているというデータもあります。15%の息の中で、多くの言葉を喋り切ろうとするから早口になってしまうのです。長い説明を一人で行うとき、息をするのが苦しくて疲れてしまったことはありませんか?

少量の息の中である程度の話をしようとすると、話すスピードを上げるか、最後の方が聞こえなくなるかどちらかしかありません。早口になって聞こえ方が不明瞭になるのは、呼吸の浅さに原因があるのです。

あなたは早口?

では、普段つい早口になっていないかの簡単なチェックをしてみましょう。次のなかであてはまるものはいくつありますか?

  1. 滑舌はよい方だ。
  2. 頭の回転がいいとよく言われる。
  3. 話に熱が入ると声が大きく高くなる。
  4. つい相手が話している時に、かぶって喋り始めることがある。
  5. 話し終わってもすぐに返事をして貰えず、もう一度説明することが多い。
いかがでしたか? 3つ以上当てはまる場合、話をするスピードが速くなる傾向にあります。いつも一緒に仕事をしている仲間と情報共有できている状態なら、早いテンポのコミュニケーションが小気味いいかも知れません。取引先や初めて会話をする人への投げかけとしては、焦って話をする人、突き刺さるような声を出す人という印象を否めないので、常に落ち着いたトークを身につけたいものです。

次ページでは、早口を改善する方法についてご紹介します。

更新日:2009年02月23日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する