乳児育児/はいはい・つかまり立ち期

生後12ヶ月(1歳)

生後12ヶ月(1歳)を迎えると、そろそろ離乳食は完了期に。生活リズムを整えて、基本的な生活習慣をつけていきましょう。

この記事の担当ガイド

子育て支援に携わる全国13万部発行「育児情報誌miku」の編集長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとりで歩けるようになったよ

赤ちゃん

よちよち歩きから、日に日に歩くのが上手になる

1歳で、体重は生まれたときの約3倍、身長は1.5倍くらいになります。運動量が増えて皮下脂肪が減り、丸みを帯びた赤ちゃん体型から、スマートな幼児体型に。頭のてっぺんにある大泉門もそろそろ閉じてくるでしょう。

歩くのもだんだんとじょうずになってきます。何度転んでもくじけずに歩こうとする子もいれば、すぐにはいはいにもどろうとする子もいます。低い位置で安定しているはいはいに比べて、2本足はバランスがとりにくく、上達がゆっくり。焦ることはありません。1歳6ヶ月までにはほとんどの子がひとりで歩くようになります。成長がゆっくりの子もいますが、1歳半過ぎても、一人で歩けないようなら、保健所や小児科で相談してみましょう。

最初は、ガニ股で、転ばないように両手を広げてバランスを取り、ゆっくりと足を交互に出して進みます。そのうちに安定して、まっすぐじょうずに歩けるようになり、後ずさりもできるようになります。最終的には、平面だけでなく階段や台に上ったり下りたりと上下の移動が可能になったりと、動きが多彩になります。
 

離乳食は完了期に入ります

歯ぐきでかむことがじょうずになってきて、離乳食もいよいよ完了期に。おとなと同じ食事はまだ無理ですが、調理の途中で取り分けてひと手間加えればOKになるので、準備もかなり楽になるでしょう。

おとな用の料理よりも、味付けを薄く、小さく、やわらかくします。野菜の繊維などはかみくだくことができないので、1cm角で、指で簡単につぶれるくらいの固さにします。奥歯が生えそろうまで、焦らずにゆっくりと進めていきましょう。

ママやパパと同じものを食べることは、赤ちゃんにとってもうれしいことです。「これはにんじん」「ハンバーグ、おいしいね」と、食に興味をもたせながら、たのしい食事タイムにしてあげましょう。
 

基本的な生活習慣をつけていきましょう

生活全体のリズムが定まり、日中にお昼寝を1回して、夜は朝までぐっすりという子が多くなるでしょう。お気に入りのタオルを握ったり、指をしゃぶったりと、眠りに入るための儀式ができてくる子もいます。特に指しゃぶりは、くせになることを心配する人も多いですが、安心のためのもので、成長に従い自然と卒業します。あまり気にしないで大丈夫です。

このころから、意識的に基本的な生活習慣を身につけさせていきましょう。おとなの真似をしたい気持ちが高まる時期なので、教え込もうと構えるのではなく、おとなが生活の中でお手本を見せるのが一番です。

あいさつや、食事のマナー、外出先から帰った時の手洗いや歯磨きなど、ママやパパがやっているところを見せながら、誘うようにします。歯みがきは、赤ちゃん用の歯ブラシを与えますが、仕上げ磨きは声をかけながら、ママやパパがしてあげましょう。
 
>> 積み木もお絵かきもできるよ

更新日:2010年10月01日

(公開日:2010年09月06日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    9

    この記事を共有する