乳児育児/ねんね期

生後1ヶ月

生後1ヶ月になると、赤ちゃんは少しずつ表情が豊かになってきます。お天気を見て、お散歩にも出かけましょう。

この記事の担当ガイド

子育て支援に携わる全国12万部発行「育児情報誌miku」の編集長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふっくらした赤ちゃんらしい体に

赤ちゃん

生後1ヶ月。ふっくらしてきました

赤ちゃんの成長がもっともいちじるしい時期。個人差はありますが、この1ヶ月で体重は約1kg増えて、身長は約3~4cmほど伸びます。皮下脂肪が付いてきて、丸々とした赤ちゃんらしいふっくらした体つきに。たよりなく感じた小さな手足も、肉がついてしっかりとしてきます。

運動機能も少しずつ発達し始め、手足を盛んにばたつかせることも。2ヶ月近くなると、うつぶせにすると少し首を持ちあげたり、あごをつけたまま首を左右に動かしたりする様子が見られることもあるでしょう。


おっぱい、じょうずになったでしょ

生まれたばかりのころは、おっぱいを飲むのがヘタだった赤ちゃん。いつの間にか「ごくんごくん」という音が聞こえるくらい、じょうずに飲めるように……。口の周りの筋肉が発達して飲む力が強くなり、上あごと舌で乳首を挟んでしごくように吸うという飲み方も上手になってきた証拠です。匂いや触感で乳首を探していた赤ちゃんが、視力がついてきて、目でも探せるようになってきています。

おっぱいがじょうずになると、授乳と授乳の間隔が定まってきます。生まれたばかりのころに比べて間隔があいてくる赤ちゃんも多いでしょう。ただ、赤ちゃんによって個人差が激しく、授乳が一定になるまで3~4ヶ月かかる赤ちゃんもいるので、あせらなくて大丈夫。3~4時間おきで1日に7~8回くらいで、授乳にかかる時間も毎回ほぼ一定になってくる赤ちゃんもいます。


少しずつ生活にリズムがうまれてきます

寝てばかりの赤ちゃんも、だんだんと長い時間起きているようになります。平均的には3~4時間おきに寝るようになりますが、まだまだ個人差が大きく、長く寝る子もいれば、細切れ睡眠の子もいます。一人で自然に寝てしまう赤ちゃんもいますし、眠くなると必ず泣きだして、寝入るまで時間のかかる子も。なかなか寝ないときは、抱っこしてあげたり、添い寝して声をかけてあげたりしましょう。ママやパパを身近に感じると赤ちゃんは安心できるものです。

うんちやおしっこも、ある程度ためておけるようになり、少しずつ回数が減って、まとめてできるようになってきます。授乳のたびにうんちをしていた赤ちゃんも、1日に数回程度に減ってくるでしょう。

>> 表情が豊かになって、泣き方にも違いが

更新日:2010年10月01日

(公開日:2010年09月06日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    16

    この記事を共有する