乳児育児/はいはい・つかまり立ち期

生後11ヶ月の赤ちゃんの発達と生活のポイント

生後11ヶ月頃になるとひとりで立てる赤ちゃんもいますが、成長の個人差は大きいので、ほかの子と比べないようにしましょう。

この記事の担当ガイド

子育て支援に携わる全国13万部発行「育児情報誌miku」の編集長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとり立ちができる赤ちゃんもいます

赤ちゃん

初めて一瞬立った!(という写真を撮るのは至難の業)

足腰がだいぶしっかりしてきて、はいはいのスピードはピークに達します。はいはいのまま、何かをまたいだり、椅子の上にあがったり下りたりもできます。家の中に階段がある場合は、のぼってしまうと危ないので近づけないように対策を。

伝い歩きも上達して、押し車を押して歩くこともできるようになるでしょう。つかまり立ちから両手を離して、少しの間だけ、体をグラグラさせながら自力で立つ子もいます。早い子では、すでにひとり歩きを始めている子もいるでしょう。

12ヶ月までにひとり立ちできる赤ちゃんは、全体の半分くらいだといわれています。あんよまでは個人差が大きいので、他の発達が順調なら遅くても心配ありません。


食事リズムが安定したら、栄養バランスも考えて

朝は決まった時間に起きて朝食、午前中に遊んで昼食を食べてお昼寝、というように、生活のリズムも一定になり、離乳食を3回しっかり食べられる子が増えてきます。消化や吸収機能も発達してくるので、いろいろな食材をメニューに取り入れていきましょう。

必要な栄養のほとんどを離乳食からとれるようになるので、バランスも意識して。1回の食事に、ご飯・パン・麺類などの「糖質」、肉・魚・卵の「タンパク質」、野菜などの「ビタミン」が、含まれるように心がけましょう。

食後のフォローアップミルクや牛乳を飲まないことがあっても大丈夫。飲ませることよりも、少しずつ哺乳瓶以外で飲む練習をはじめましょう。ストローはおっぱいや哺乳瓶の吸い方とは違うので、慣れるのに時間がかかる子もいます。ストローが難しければ、先にコップの練習をはじめてもいいでしょう。


音楽大好き、自然と体が動いちゃう!

周りの音にますます興味を示し、音楽には特別の反応を見せる子が増えてきます。アップテンポの音楽が聞こえてくると、お尻をふって踊るように体を動かす子や、テレビやオーディオから歌が聞こえると楽しそうに声をあげる子も。

ママやパパも一緒に踊ったり歌ったりしてあげると、とてもうれしそうで、ますますノリノリになることでしょう。遊びのときに、赤ちゃん用のCDや、お気に入りの音楽を流しておくのもおすすめです。テレビの幼児番組やコマーシャルも興味深く見るようになりますが、つけっぱなしで子守代わりにするのはやめましょう。

絵本に興味を持つ子もでてきます。知っているものの絵を見つけると、指をさしたり、「ああー」「だー」と声を出したりします。絵本のおはなしはまだ分からないので、絵を見ながら「あひるさんがいっぱいだね」「くまさんが出てきたよ」などとお話ししながら楽しく読んであげましょう。

ママの言っていること、わかるよ

お誕生日前後になってくると、「パパ」「ママ」「ワンワン」「ブーブ」といった意味のある言葉が出る子も増えてきます。人やものの名前を少しずつ覚えてきたのです。

まだ言葉にならない子でも、たとえば「パパはどこ?」とたずねると、パパがいる方向を向いたり、指をさしたりします。ものの名前がわかってきた証拠です。

「ごはんですよ」と言うと食卓に近づいてきたり、「公園に行くよ」というと玄関まで行ったり、「お茶飲む?」と聞くと手を出したりもするようになります。手を出して「ちょうだい」というと、持っているおもちゃを渡すこともできるように。

意味を理解してのやり取りができたら、たくさんほめてあげましょう。ほめられていることがわかり、うれしそうにします。
 

自己主張がつよくなります

わかることが多くなる一方で、自己表現が激しくなってきます。遊びを中断させたり、好きなおもちゃを取りあげたりすると、大声で泣き出したり、のけぞって暴れたり、全身を使って「イヤだ」と訴えます。イヤなことは絶対にイヤ、嫌いなものを食べさせようとすると必死に抵抗してきます。

赤ちゃんは、要求がうまく伝えられなくて、ママに分かってもらえないのがつらいのです。ついカッとなってしまうのもわかりますが、これも、心が成長している証。頭ごなしに怒鳴っても、「ペチッ!」と体を叩いても、状況を悪化させるだけ。特に体罰は子どもの心を傷つけることもあります。

「もっと遊んでいたかったんだね」と赤ちゃんの気持ちを認めてあげながら、「でも、もうご飯だからね」と話をしたり、「あ、これは何かな」などとさりげなく別のことに気をそらすようにするとよいでしょう。


個人差に一喜一憂しないで

おすわりができるくらいから、発達の個人差はさらに大きくなります。自分で立ったり、意味のある言葉が出てきたり、離乳食も完了に近づいてくるなど変化の激しい時期なので、ついよその子と比べてしまいがち。体や心の発達を診る1歳児健診が、よその子との比較のきっかけになってしまうこともあるようです。

赤ちゃんはみんなそれぞれに個性があって、おしゃべりは早いのにまだつかまり立ちができない子や、ひとり歩きはするけれど音楽には興味を示さない子もいます。遅れ気味の子は、慎重で臆病な性格なのかもしれません。このころの成長の違いは、赤ちゃん一人ひとりの性格からきているとも考えられます。

小さな差で一喜一憂するのではなく、目の前の赤ちゃんの個性を認めて、成長する力を信じて見守りましょう。それでも不安なことは、ひとりで悩まずに、医者にどんどん相談しましょう。

<<< 生後10ヶ月    
>>>生後12ヶ月(1歳)

更新日:2015年01月13日

(公開日:2010年09月06日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する