生活家電/電子辞書関連情報

おはぎとぼたもち、本当の違い

おはぎとぼたもち。お彼岸に食べるのはどっち?同じ食べ物のようですが違いはあるの?そもそも呼び名が違うのは?こしあん?粒あん?4つも別名があるってホント?

執筆者:橋 道裕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新の情報はこちら
『お彼岸の「ぼたもち」「おはぎ」どう違う?』>>

こしあんがおはぎで、粒あんがぼたもち? 米粒が残っているのがおはぎで、完全に餅になっているのがぼたもち?大きいのがぼたもちで、小さいのがおはぎ?全てひっくるめて、高級なのがおはぎ?おはぎとぼたもち以外にまだ別の名前があるってホント?

おはぎとぼたもちの本当の違い

実は、おはぎとぼたもちは基本的に同じもので、違うのは食べる時期だけなのです。では、ぼたもちとおはぎをこう書くとどうでしょう?「牡丹餅」「お萩」。ピンときた方もいらっしゃるかもしれません。

ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものなのです。

では、何故牡丹の方にだけ餅が付いたのでしょうか?その由来は、「倭漢三才図会」に「牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく」とあり、牡丹餅がぼたもちになり、萩を丁寧に言っておはぎになったというのが、最も一般的な説です。

よって、春はぼたもち秋はおはぎと春秋使い分けないといけないのですが、今は年中おはぎで通すお店が圧倒的に多いようです。

実は、夏と冬にも別名があるらしいのです。最後のページでご紹介していますので、お楽しみに。

おはぎとぼたもちの歴史

しかしなぜお彼岸におはぎをいただくようになったのでしょうか?これは江戸時代にさかのぼります。この時代に、お彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したようです。

あずきの赤色には、災難が身に降りかからないようにするおまじないの効果があると信じられていて、古くから邪気を払う食べ物としての信仰が、先祖の供養と結びついたと言われています。

また仏教では、彼岸は、彼の岸として悟りの境地を言い、苦しみに満ちている此岸と対になる言葉として使われています。そこで彼岸中は仏道修行に励む訳ですが、日本では祖霊崇拝の慣習を合わさり、ぼたもちやおはぎを捧げ、先祖を慰め、自分自身の功徳を積んでいました。だから本当は、自分たちで食べるものではなかったんですね。

「暑さも寒さも彼岸まで」と言われるように、春の彼岸は農作業が始まる時期で、秋の彼岸は収穫の時期にあたります。よって、春には収穫をもたらす山の神などを迎えるためぼたもちを、秋には収穫を感謝しておはぎを作ったとも言われています。

では、最大の(?)問題、こしあんと粒あんの問題(次ページ)はいったい・・・

2ページ目:こしあんと粒あん
3ページ目:夏と冬にも別名があった!

更新日:2005年03月21日

(公開日:2002年10月16日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    23

    この記事を共有する