B級グルメ/洋食・ハンバーグ・ステーキ

早い安い旨い、ステーキのパンドラ【新宿】

新宿界隈で唯一納得のステーキ屋「パンドラ」。極めてリーズナブルなランチのステーキ各種。目の前の鉄板でいただくディナーステーキ、これもまたリーズナブルで顔がほころぶ美味しさだ。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安の美味しいステーキに感謝!

新宿駅西口、「ヨドバシカメラ・ゲームホビー館」の裏手に、ステーキ専門店「パンドラ」がある。あまり大きな声では言えないけど、新宿で納得のステーキがいただけるのはこの「パンドラ」意外に考えられない。
画像の代替テキスト
「パンドラステーキ定食」120グラム700円。ジューシーにして程よくオイリー、醤油ベースのステーキソースも抜群。付け合わせのモヤシ、さやえんどうタップリ。旨いぞ!

その素晴らしさは「早い・安い・旨い」の三拍子が揃っているということ。
ご覧のものはランチの「パンドラステーキ定食」120グラムで、なんと700円と驚きの価格。それもライス、サラダ、味噌汁付き、さらにサラダ、ライスお代わり自由とは、はなはだ頭が下がる素晴らしさ、またこのライスもいい炊き具合なのである。
ちなみに「パンドラステーキ定食」は170グラム900円、200グラム1100円、350グラム1750円である。当然ただ安いだけじゃない、れっきとした和牛は実に旨いし、特筆はステーキソースの美味しさである。ヘタなステーキ屋で出されるソースは、妙な甘さに辟易して食欲が萎えてしまったことはないだろうか。塩で食べるのもちょいと物悲しいので、そんな時ボクは「醤油下さい」とつい言ってしまうのだ。
「このステーキ屋を始めてかれこれ35年ほどになりますが、創業した祖父がこの店を開店するにあたって、帝国ホテルから優秀な料理人を引っ張ってきたそうなんですよ。その頃からこのソースは変わっていないんです」
と三代目オーナーの境政勝氏。その帝国ホテルの料理人は極めてセンスのいい職人だったのだろう。余談だけど、かつては小田急、京王デパートなどの敷地は自分のところの土地だったと聞いて驚かされてしまった。

更新日:2009年10月24日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する