年金/年金受給額を計算しよう!

年金受給額を簡単早見表でチェック!厚生年金

年金受給額について、国民年金は「加入期間(保険料納付、免除期間)」のみで、厚生年金、共済年金は「加入期間と平均年収」で決まります。ただ複雑なため、自分の年金の計算をしたいのにできない!という方も少なくありません。そこで、ざっくりとした受給額の早見表を作ってみました。今回は厚生年金編!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国民年金に比べ計算が複雑な厚生年金

平均給料については、正式には平均標準報酬月額(平均標準報酬額)という

平均給料については、正式には平均標準報酬月額(平均標準報酬額)という

厚生年金の金額は、「加入期間のみ」で決まる国民年金に比べ、計算式が複雑となります。厚生年金は「加入期間」に「加入期間中の給料の平均」が計算要素に加わるからです。

大雑把な計算式は、
「 平均給料×一定乗率×加入期間 」

となります。

加入期間については、「会社員の期間」とイコールなので簡単なのですが、問題は「平均給料」です。自分の入社から退社までの給料を覚えている人は少ないでしょう。また給料を単純に平均するだけではダメで、現在価値に置き換える作業も必要なため、正確な金額については、年金事務所等で確認するしかありません。

平成15年4月の前後で計算式が大きく変更に

計算式をさらに複雑にしているのが、平成15年4月に行われた「総報酬制の導入」です。

平成15年3月までについては、ボーナスを除いた月給だけで平均給料を算出していたのですが、平成15年4月以降は、ボーナスを含めた年収÷12で算出することになりました。

例えば、月給30万円、ボーナス60万円(2回)という人がいるとすると、
  • 平成15年3月までは、月給の30万円
  • 平成15年4月以降は、30万円×12+60万円×2=480万円(年収)÷12=40万円
を平均給料の算出に使うことになります。

平均給料が多くなったら、年金が増える!とは、残念ながらなりません。総報酬制導入の前と後で計算式も変わり、
  • 平成15年3月までは、平均月給×7.5/1000×加入期間
  • 平成15年4月以降は、年収÷12×5.769/1000×加入期間
    (特例水準による計算方法。スライド率は省略。乗率については生年月日等で多少の差がある)
となりました。平均給料が上がった分、ちゃんと乗率を減らして帳尻を合わせています。

平成15年4月をまたいで加入期間がある場合は、それぞれ計算しなければならないことになりますので、計算が面倒ですね。

そこで、年金受給額の早見表を作ってみました。次ページでチェック!>>>

更新日:2013年06月28日

(公開日:2009年11月27日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    96

    この記事を共有する