妊娠初期/妊婦検診・妊婦健診

定期妊婦健診の回数・内容・流れ

妊婦健診は、初診で妊娠がわかったあと、流産の可能性も高い初期には胎児心拍の確認や初期の血液検査など、1~2週間ごと。その後、12週くらいから妊娠 6ヶ月(23週)までは4週間に1回、妊娠7~9ヶ月は2週間に1回、臨月(妊娠36週以降)は週に1回が目安です。予定日を超えると週2回になる場合もあります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊婦健診は週数が進むほど頻繁に

妊婦健診は、初診で妊娠がわかったあと、流産の可能性も高い初期には胎児心拍の確認や初期の血液検査など、1~2週間ごと。その後、12週くらいから妊娠6ヶ月(23週)までは4週間に1回、妊娠7~9ヶ月は2週間に1回、臨月(妊娠36週以降)は週に1回が基本です。予定日を超えると週2回になる場合もあります。 ただし、出血やおなかの張り、痛みなど、心配なことがあれば、次の健診を待たずに受診しましょう。

妊婦健診の流れを知っておきましょう

【診察前に毎回する検査】
  1. 尿検査
    受付後に最初にトイレで尿を採り、尿蛋白、尿糖をチェックします。
  2. 体重測定
    妊娠中の体重増加の目安は、やせ気味の人は9~12kg、標準体重だった人は7~12kg、肥満気味の人は5~7kg(個別対応)となります。
  3. 血圧測定
    妊娠高血圧症候群では早く発見することが大切です。140/90mmHg以上が高血圧 です。急いで来院したり、緊張すると血圧は通常より上がります。
【診察室での流れ】
  1. 問診
    診察室に呼ばれ最初に医師から、前の健診からとくに変わったことがなかったか、体調は悪くないか、今心配なことがないかなどを聞かれます
  2. 腹囲・子宮底長測定(中期以降毎回チェック)
    子宮底長の目安はおおよそ[妊娠週数-(2~5)]cmですが、個人差も大きく、測定者、測り方によっても誤差もあります。
  3. 浮腫(むくみ)検査(中期以降毎回チェック)
    足のすねや甲を指で押してチェックします。浮腫があっても、血圧が正常で尿も通常に出ていれば、問題ないことがほとんどです。
  4. 超音波検査(初期2回、中期1回、後期1回)
    妊娠初期は腟から、中期はおなかの上にプローブをあてて子宮内の様子を主に観察します。胎児の位置(頭位・逆子)、発育、形態、羊水量、胎盤位置などを確認。頻度は施設により異なり、超音波検査をする施設も多いです。
  5. 血液検査(2~3回)
    初期は血液型、貧血、風疹抗体の有無、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、HIV(エイズ)、トキソプラズマ抗体、不規則抗体、T型白血病(ATL)など。中期、後期は貧血検査。
  6. 内診(妊娠後期、内診台で)
    経腟超音波が一般的になり、初期の内診は少なくなりました。後期は子宮口の状態、児の下降などをチェックします。産院によって頻度は異なります。
  7. 説明(毎回)
    ひととおりの検査が終わったあと説明があります。特に問題がなければ「順調です」で終わることも、気がかりなことは遠慮なく質問してください。

必要時に行う検査があります

  1. 子宮がん検診 
    初期の必須項目に入れているところも
  2. 腟分泌物検査
    産道感染と関連する、GBS(B群溶連菌検査)、クラミジア検査、かゆみがある時にカンジダ培養など
  3. 経口ブドウ糖糖負荷試験
    妊娠性糖尿病が疑われる時、ブドウ糖水を飲んでもらい、1時間、2時間後の血糖値を測定します。
  4. 保健相談
    医師の診察後、主に助産師から生活における注意や、バースプランなどの話しがあります。
  5. 子宮頸管長測定
    妊娠中期に早産のリスクを評価するために腟式超音波検査で、子宮頸管(子宮の出口)の長さを測ります。25mm未満は早産リスクが高くなります。
  6. NST(ノンストレステスト)
    予定日前後に、20~40分ほど、赤ちゃんの心拍数パターンを測定し、赤ちゃんが元気であることを確認します。
  7. 骨盤X線検査 
    予定日近くで、児が下がってこない、骨盤が狭い時などに撮影します。児頭骨盤不均衡の評価や狭骨盤の診断を行います。

>>最初の妊婦健診って一体何をするの?
>>初めての妊婦健診はいついくのがベスト?

更新日:2014年11月21日

(公開日:2010年08月30日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    18

    この記事を共有する