株式投資 ガイド 和島 英樹

わじま ひでき

株式投資について前向きになれる情報を発信

経済ジャーナリスト。現みずほ証券、株式新聞社(現モーニングスター)記者を経て、2000年にラジオNIKKEIに入社。東証・記者クラブキャップなどを歴任。企業トップへの取材は1000社以上。近著に「NISAで賢い株式投資」(共著・旭屋出版)。担当番組に「マーケット・プレス」など。日本テクニカルアナリスト協会評議委員。

得意分野

株式、投資信託、事業会社、FX

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数33
執筆書籍数2

ガイドからの挨拶

証券会社では個人営業を担当していました。株式業界専門誌記者、ラジオNIKKEI記者として1000社以上のトップに会いましたが、常に個人投資家目線で取材してきました。株式投資では株価の値上がり、値下がりばかりが注目されます。もちろん、それがもっとも重要なのですが、ほかにも企業の事業の拡大、配当や優待、株主総会など、楽しみはたくさんあります。株式投資について前向きになれるような、お手伝いができればと考えています。

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • 6月末に配当金がもらえる!主力銘柄5つ

    6月末に配当金がもらえる!主力銘柄5つ

    配当金をもらうのは株式投資の魅力の1つです。そこで、12月本決算で6月末に中間配当がある、高利回りの主力銘柄を5つピックアップしました。配当利回りは3%~5%程度です。配当金をもらう権利を得るには26日までに購入を。ただし、権利落ち日以降、株価が下がるリスクがあります。また、減配のリスクもあります。

    掲載日:2018年06月20日株・株式投資
  • 東証1部「昇格」が有望な銘柄7つ

    東証1部「昇格」が有望な銘柄7つ

    東証1部に上場するには厳しい条件をクリアしなければなりません。東証マザーズ市場やジャスダックなどから1部に「昇格」すると株価が上がる傾向があります。「昇格」前が投資のチャンスと言えそうです。そこで、1部指定の準備や、立会い外分売を実施する前向きな企業を7社ピックアップしました。

    掲載日:2018年06月18日株・株式投資