株式投資 ガイド 和島 英樹

わじま ひでき

株式投資について前向きになれる情報を発信

経済ジャーナリスト。現みずほ証券、株式新聞社(現モーニングスター)記者を経て、2000年にラジオNIKKEIに入社。東証・記者クラブキャップなどを歴任。企業トップへの取材は1000社以上。近著に「NISAで賢い株式投資」(共著・旭屋出版)。担当番組に「マーケット・プレス」など。日本テクニカルアナリスト協会評議委員。

得意分野

株式、投資信託、事業会社、FX

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数30
執筆書籍数2

ガイドからの挨拶

証券会社では個人営業を担当していました。株式業界専門誌記者、ラジオNIKKEI記者として1000社以上のトップに会いましたが、常に個人投資家目線で取材してきました。株式投資では株価の値上がり、値下がりばかりが注目されます。もちろん、それがもっとも重要なのですが、ほかにも企業の事業の拡大、配当や優待、株主総会など、楽しみはたくさんあります。株式投資について前向きになれるような、お手伝いができればと考えています。

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • 決算発表で予想を上回った「好業績」の5銘柄!

    決算発表で予想を上回った「好業績」の5銘柄!

    18年3月期の決算発表が一巡しました。ここでは市場の予想を上回った主力5銘柄をピックアップ。テーマからは半導体とファクトリー・オートメーション(FA)関連の2銘柄を、セクターでは自動車、運輸、商社から3銘柄を紹介します。

    掲載日:2018年05月14日株・株式投資
  • 画期的な新薬候補を有する、注目の銘柄5つ

    画期的な新薬候補を有する、注目の銘柄5つ

    厚生労働省の「先駆け審査指定制度」で、画期的な新薬が登場し始めました。今回は、この制度の指定を受けた新薬候補を有している銘柄を5つ紹介します。ライソゾーム病やアルツハイマー型認知症、糖尿病性腎臓病などの難病の治療薬、副作用の少ない抗がん剤、脳梗塞の治療薬など、実用化されれば多くの患者とその家族を救うことになります。

    掲載日:2018年04月23日株・株式投資