吉田 健吾

薬剤師 / 薬・漢方・医療ニュース ガイド 吉田 健吾

よしだ けんご

創業大正8年の漢方薬局を経営 漢方を中心とした薬のスペシャリスト

漢方専門薬局の管理薬剤師であり経営者という立場から、薬と健康にまつわる幅広い情報を発信していきます。漢方薬だけではなく、薬局で処方せんなしで購入できる一般用医薬品(OTC薬)、病院で処方される医療用医薬品、健康と病気の基礎知識、そして医療制度の解説や医療機関との賢い利用方法などもご紹介していきます。

ガイド記事一覧

  • 気・血・津液・精とは……漢方的な健康の考え方

    気・血・津液・精とは……漢方的な健康の考え方

    【薬剤師が解説】漢方において、人間は気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)・精(せい)という物質から構成されていると考えます。これらが充実することで健康が維持されます。本記事では気・血・津液・精の持つ作用を中心に解説していきます。

    掲載日:2017年11月07日漢方・漢方薬
  • 漢方で解く病気の原因……外因・内因・不内外因とは

    漢方で解く病気の原因……外因・内因・不内外因とは

    【漢方専門薬局の薬剤師が解説】漢方において人間は気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)・精(せい)から構成されていると考えます。これらの要素のバランスが崩れたとき、人間は病気になってしまいます。健康を蝕(むしば)むバランスの崩れをもたらす、外因・内因・不内外因について解説します。

    掲載日:2017年11月06日漢方・漢方薬
  • 漢方薬は中国ではなく日本の薬?漢方の歴史の基礎知識

    漢方薬は中国ではなく日本の薬?漢方の歴史の基礎知識

    ドラッグストアでも普通に見かける漢方薬。最近はラインナップも充実しています。一方で漢方の歴史を知る人は少ないのではないでしょうか? 本記事では意外と知られていない漢方のルーツと歴史について、わかりやすくダイジェストで解説します。

    掲載日:2017年09月08日漢方・漢方薬
  • 漢方薬を作る生薬の原料は?民間薬・ハーブとの違い

    漢方薬を作る生薬の原料は?民間薬・ハーブとの違い

    【薬剤師が解説】自然志向の高まりから積極的に漢方薬を健康管理に利用する方が増えています。漢方薬は基本的に複数の生薬を組み合わせた薬で、生薬の原料は植物だけでなく、動物、昆虫、鉱物などがあります。生薬の概要に加えて、漢方薬と混同されがちな伝統薬、民間薬、ハーブなどと漢方の違いを解説します。

    掲載日:2017年09月07日漢方・漢方薬
  • 川崎病の症状・治療法・体験記【薬剤師が解説】

    川崎病の症状・治療法・体験記【薬剤師が解説】

    【薬剤師が体験を交えて解説】川崎病は高熱や発疹などの症状が現れる乳幼児に多い病気で、正式には「小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」という病名です。治療が遅れると冠動脈瘤が形成され、心筋梗塞のリスクが高まります。本記事では薬剤師の視点から川崎病の症状、薬による治療法を、私の娘の体験記を交えて解説します。

    掲載日:2017年06月01日
  • セルフメディケーション税制の内容と誕生の裏事情

    セルフメディケーション税制の内容と誕生の裏事情

    2017年1月から医療費控除の特例として始まったセルフメディケーション税制。現役薬剤師の視点から、セルフメディケーション税制の内容やこの制度が始まった背景、目的などを解説します。

    掲載日:2017年04月02日
  • 薬剤師が解説!『ロキソニンS』の効果・違い・副作用

    薬剤師が解説!『ロキソニンS』の効果・違い・副作用

    『ロキソニンS』(第一三共ヘルスケア)はドラッグストアなどで販売されている代表的な鎮痛薬。病院で処方されるロキソニンと同じ成分を含んでおり、知名度も効果も高い薬の一つです。その一方で適正に使用しないと予期せぬ副作用に襲われることもありえるため注意が必要です。『ロキソニンS』の上手な利用方法について薬剤師が解説します。

    掲載日:2017年03月08日
  • 【現役薬剤師が解説】猛毒VXの症状と怖さ

    【現役薬剤師が解説】猛毒VXの症状と怖さ

    マレーシアで金正男氏と思われる人物殺害に、猛毒のVXが使われたという報道がありました。VXはどのように人体に作用するのか、どのような症状が出る危険な猛毒なのか、解毒剤の存在とその効果について、現役薬剤師の視点で解説します。

    掲載日:2017年02月28日
  • 1類、2類、3類…「第○類医薬品」の違いは何?

    1類、2類、3類…「第○類医薬品」の違いは何?

    ドラッグストアなどで処方せんなしに購入できる一般用医薬品。忙しくて病院に行けない時や軽い症状の緩和に役立つ優れものです。これらはすべて要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品、指定第2類医薬品、そして第3類医薬品というカテゴリーに分けられています。この記事ではそれぞれの特徴や賢い利用方法などをご紹介します。

    掲載日:2017年02月18日
  • 4タイプ別!疲労回復に効果的な漢方薬の選び方

    4タイプ別!疲労回復に効果的な漢方薬の選び方

    疲労の解消は漢方薬が得意とする分野です。この記事では漢方の立場から疲労を4つのタイプ―気虚(ききょ)タイプ、血虚(けっきょ)タイプ、気血両虚(きけつりょうきょ)タイプ、そして気滞(きたい)タイプに分けて、それぞれに有効な漢方薬をご紹介します。これまで漢方薬を服用したことのない方も、ぜひこの記事をきっかけに疲労回復法の一つとして検討してみてください。

    掲載日:2017年02月17日漢方・漢方薬