薬剤師 / 薬・漢方・医療ニュース ガイド 吉田 健吾

よしだ けんご

創業大正8年の漢方薬局を経営 漢方を中心とした薬のスペシャリスト

漢方専門薬局の管理薬剤師であり経営者という立場から、薬と健康にまつわる幅広い情報を発信していきます。漢方薬だけではなく、薬局で処方せんなしで購入できる一般用医薬品(OTC薬)、病院で処方される医療用医薬品、健康と病気の基礎知識、そして医療制度の解説や医療機関との賢い利用方法などもご紹介していきます。

得意分野

漢方薬を主にした医薬品全般、サプリメントや健康食品、病気と医薬品をもちいた治療法、健康管理法、薬局の利用法、薬局を中心とした今日の医療行政

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数13

ガイドからの挨拶

はじめまして。そしてこんにちは、こんばんは。ガイドの吉田健吾です。

突然ですが頭が痛いときなどに服用する鎮痛薬のアスピリン(主な商品名はバファリンA)はどこから吸収されて、どのように体を巡って、そしてどのようにして痛みを軽減するかご存知ですか?

また、誰もが聞いたことのある糖尿病という病気は、まさしく尿に糖が混じることでその名前がついています。ですが、尿が甘くなってしまうことが本質的な問題ではありません。では何が問題なのでしょうか?
(上記2つの答えは最後にあります)

薬は身近なものであり、健康と病気の正しい知識もまた生きている上で不可欠なものです。一方でこのような情報は重要性が高いはずなのに、得る機会はとても限られてしまいます。しっかり学びたいと思っても医療分野に登場する専門用語や横文字は独力で理解しようとしても一苦労でしょう。

一般の方にはハードルの高いこれらの情報をわかりやすい言葉に「翻訳」して提供してゆきたいと思います。ここで得た情報が皆様の健康に貢献できれば幸いです。

(上記の問いの答え:服用したアスピリンは胃と十二指腸を経て小腸から吸収され、血管に移行します。その後、痛みを増強する成分を作り出す酵素のはたらきを邪魔することで鎮痛効果を発揮します。糖尿病の大きな問題は血管内にも糖が多い状態となってしまう点です。この糖が血管の壁を傷つけてしまい、結果的に糖尿病は脳出血などを起こしやすくしてしまいます。)

ガイドの新着記事

  • だるい・疲れやすいときの漢方薬…「気虚」の改善効果

    だるい・疲れやすいときの漢方薬…「気虚」の改善効果

    【漢方薬剤師が解説】だるい・疲れやすい・やる気が出ない……。長引く疲労感や気力の低下は漢方における「気虚」の状態といえます。今回は気虚を改善する代表的な漢方薬である補中益気湯、六君子湯、啓脾湯、人参湯の作用・効果・副作用などを中心に解説していきます。

    掲載日:2018年06月01日漢方・漢方薬
  • ジェネリック医薬品のメリット・デメリット

    ジェネリック医薬品のメリット・デメリット

    【薬剤師が解決】近年、急速に普及している「ジェネリック医薬品」。その一方で、ジェネリックとは何なのか、なぜ安いのか、後発医薬品でも効き目は変わらないのか、副作用などの問題はないのか、なぜ薬局で勧められるのか等、十分に理解が進んではいません。ジェネリック医薬品の「お金」と「質」に焦点を当てて、メリット・デメリットを解説していきます。

    掲載日:2018年03月26日