宅建試験 ガイド 田中 謙次

たなか けんじ

宅建試験を知りつくす不動産取引法務の専門家

株式会社Kenビジネススクール代表取締役社長
2004年に設立した同社は登録講習、登録実務講習の実施機関として、国土交通大臣の登録を受けている。
最速deうかる宅建士シリーズ、うかるぞ宅建士シリーズ、サクッとうかる宅建士シリーズ他多数の書籍を執筆。
企業研修の講師としても幅広く活躍している。

得意分野

宅建試験 過去問
宅建試験 判例
宅建試験 民法
宅建試験 改正点

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数34
メディア掲載実績131
執筆書籍数18

ガイドからの挨拶

はじめまして。
宅地建物取引士として不動産業界で活躍するには、ある一定の法律知識と実務経験を積む必要があります。

土地や建物という衣食住に関わるとても重要な財産を扱う法律の専門家が宅地建物取引士なので、社会に対してその責任を果たす意味で国家資格となっています。ですから、まずは宅地建物取引士資格試験(宅建試験)に合格する必要があります。宅建試験に合格するためには不動産の取引にあたって最低限必要な法律知識、つまり、売主などと締結する契約(媒介契約)、お客様への事前の説明(重要事項説明)とその後の契約書のチェックができる能力があるかどうかの法律知識を有している必要があります。

ただ、法律の学習なので、漫然とテキストを読んでいるだけではマスターできません。効率良い学習法により短期間でマスターする必要があります。ガイドとしての記事等を通じて、学習法や学習内容を理解するコツなどを紹介して行きます。

つぎに、実務経験がなければ、宅地建物取引士として職務を行うことはできません。法律上は2年以上宅地建物取引業に携わっていなければなりません。ただ、1ヶ月間の登録実務講習を受講して修了試験に合格すれば、国土交通大臣から実務経験があると認められることになります。私は、この登録実務講習の実施機関を経営し、そのテキストと修了試験の執筆も行っております。不動産取引実務における詳細な法律知識についてもご紹介する機会があると思います。

ガイドとしての記事等を通じて、多くの方が宅地建物取取引士となり、たくさんのお客様の笑顔を作り出せるお手伝いができれば幸いです。

メディア掲載実績

新聞週刊全国賃貸住宅新聞
2017年宅建試験 まるわかり解説
2017年08月07日
新聞週刊全国賃貸住宅新聞
2017年宅建試験 まるわかり解説
2017年07月24日
新聞週刊全国賃貸住宅新聞
2017年宅建試験 まるわかり解説
2017年07月17日
新聞週刊全国賃貸住宅新聞
2017年宅建試験 まるわかり解説
2017年07月10日
新聞週刊全国賃貸住宅新聞
2017年宅建試験 まるわかり解説
2017年07月03日

ガイドの新着記事

ガイドの新着まとめ

  • 2016年こそ合格!宅建のプロ講師が選ぶおすすめの過去問集8冊

    2016年こそ合格!宅建のプロ講師が選ぶおすすめの過去問集8冊

    宅建試験に合格するためには、過去問演習は必須です。過去問なんてどれも同じでは?と思われるかもしれません。たしかに問題は同じですが、問題数や解説は出版社によって特色があります。自分にあった過去問集をみつけて、短期合格を目指しましょう。2016年版の分野別の宅建過去問集で注目の本を紹介します。
    掲載日:2016年05月20日
  • 今年こそ合格!宅建のプロ講師が選ぶおすすめのテキスト8冊

    今年こそ合格!宅建のプロ講師が選ぶおすすめのテキスト8冊

    年々難しくなる宅建試験。自分にあったテキスト選びは短期合格するために重要です。宅建講師歴16年、受験用から不動産実務のテキストまで執筆しているガイドだからこそわかる、合格に近づくテキストを厳選しました。
    掲載日:2016年02月19日

公認ガイドブログ

  • 平成29年度宅建試験の出題に影響を与える判例

    以下の判例について、後ほどオールアバウトの記事でかみ砕いて説明します。   なお、これらの新判例が、今年の宅建試験にどのような形で出題されるかも、ある程度予測できます。予想問題は、弊社開催の宅建盛夏合...

    更新日:2017年07月29日
  • 亡くなった方の普通預金債権は遺産分割の対象となるの?

    Q.亡くなった方の普通預金債権は遺産分割の対象となるの?   A.遺産分割の対象となります。   平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。     亡くなられた方の財産は誰のもの? ...

    更新日:2017年06月05日