前島 敏正

そば ガイド 前島 敏正

まえしま としまさ

蕎麦研究家。ほぼ毎日蕎麦を食べ歩きながら、ブログや監修本での蕎麦情報の発信や蕎麦同好会のセミナー主宰など幅広く活動している。蕎麦鑑定士、江戸ソバリエ及びルシック(ソバリエ上級者)の資格を保有。

ガイド記事一覧

  • 蕎麦寿司が美味しい 更科布屋(芝大門)

    蕎麦寿司が美味しい 更科布屋(芝大門)

    今回コースに登場したのは種子島の春蒔きそば「春のいぶき」。特別にご主人が用意してくれた。春蕎麦は学問上は夏蕎麦に分類されるもので3月下旬から4月に播種して初夏に収穫が出来る。温暖な地方で台風の影響も受ける前に収穫出来る利点がある。現在は大分で多く栽培されているが今回は種子島産が用意された。

    掲載日:2014年02月02日そば
  • 全て十割蕎麦の蕎麦屋 bi・to・wa(お茶の水)

    全て十割蕎麦の蕎麦屋 bi・to・wa(お茶の水)

    野菜あんかけ皿うどん風840円は美と和「bitowa」のメニューでもおすすめである。各種野菜が入りあんかけでまろやかになっている。この十割蕎麦に掛ける食べ方はかた焼きそばのようである。

    掲載日:2014年02月02日そば
  • 信州そばと鯵と鱚の味醂干し 津右衛門(東急蒲田)

    信州そばと鯵と鱚の味醂干し 津右衛門(東急蒲田)

    そば粉は戸隠産で色は薄めの上品な細切りの蕎麦である。喉越しも爽やかであるが深い味わいもある旨い蕎麦である。そばの量も充分あり600円はリーズナブルである。

    掲載日:2013年12月06日そば
  • 遅い時間に訪問可能なお店たかせ(神保町)

    遅い時間に訪問可能なお店たかせ(神保町)

    そば粉は新そばで北海道の深川産を使用している。修業先の蕎上人は一茶庵系であり、たかせでも二八そばが主流である。

    掲載日:2013年12月06日そば
  • シルク蕎麦が食べられる soba dining和み(神楽坂)

    シルク蕎麦が食べられる soba dining和み(神楽坂)

    お店の特徴はシルクや赤米を使用したオリジナルの蕎麦はそれぞれの食感や風味が楽しめる。

    掲載日:2013年12月06日そば
  • 一日一組限定 そば工房玉江(駒込)

    一日一組限定 そば工房玉江(駒込)

    そば工房玉江は、そば道具職人が始めた蕎麦屋で一日一組限定である。せいろは常陸秋そばを端正に切り揃えた細打ちの見事な蕎麦。ふわりと蕎麦の香りがうれしい。蕎麦の存在感がしっかりしていて、そのままで美味しい。添えられた藻塩を付けながらいただくのもおすすめ。

    掲載日:2013年09月10日そば
  • 虜になる冷やしすだち蕎麦 東京土山人(目黒)

    虜になる冷やしすだち蕎麦 東京土山人(目黒)

    お目当ての冷やしすだち蕎麦は、オーナーのオリジナル。鰹のツユにサバ節が少し入り、あっさりしているが深みのあるツユになっている。

    掲載日:2013年09月10日そば