前島 敏正

そば ガイド 前島 敏正

まえしま としまさ

蕎麦研究家。ほぼ毎日蕎麦を食べ歩きながら、ブログや監修本での蕎麦情報の発信や蕎麦同好会のセミナー主宰など幅広く活動している。蕎麦鑑定士、江戸ソバリエ及びルシック(ソバリエ上級者)の資格を保有。

ガイドからの挨拶

日本食文化の世界遺産化登録はユネスコの検討・審査を経て、平成25年12月に可否が決定される予定です。その中でも、和食の蕎麦は全国規模でブレイクしています。蕎麦の歴史を知り、蕎麦を蒔き、育て、刈取り、粉を挽き、蕎麦を打つことは本当に楽しいものです。

ガイドの私は蕎麦好きが高じてほぼ毎日のように食べ歩き、訪問した全国の蕎麦屋約1000軒のDB化を進めています。特に東京近郊の蕎麦屋400軒のデーターを整理しておすすめの蕎麦屋を紹介したいと思います。

経歴・バックグラウンド

蕎麦研究家として講師をはじめ、蕎麦関連の情報を様々なメディアに紹介。
マーケティングが専門であるが、医学にも関心があり現在医学博士を目指している。

■メディア掲載実績
FM Nack5で「江戸ソバリエ」の紹介 
クロネコヤマト季刊誌「ソバリエに聞く」
山形県観光パンフレット「ソバリエブログ紹介」
蕎麦春秋 No19~24号まで「ソバリエ日記」連載
ブルータス2012.8.1号「蕎麦ブロガー覆面鼎談会」

資格

江戸ソバリエ及びルシック(ソバリエ上級者) 江戸ソバリエ協会認定
蕎麦鑑定士 (社)日本麺類業団体連合会認定
マーケティングマスター 日本マーケケィング協会認定 
東京医科歯科大学大学院医学修士(バイオ医療オミックス情報学)

趣味・特技

趣味 (そば食べ歩き・秘湯めぐり)
夢 (自ら、蕎麦を蒔き、育て、刈取り、磨き、粉を挽き、そばを打っこと。)

好きなことば・座右の銘

流行不易