小野 修

相続・相続税 ガイド 小野 修

おの おさむ

税理士法人レガシィ所属。AFP。年100件超の相続・相続対策を担当。資産家やトラブル事案を得意とする。

ガイド記事一覧

  • 相続放棄をしたほうがいい!6つの事例

    相続放棄をしたほうがいい!6つの事例

    「相続放棄」と聞くと「亡くなった人の借金を引き継ぐのを回避すること」とイメージするかもしれません。しかし、これ以外にも相続放棄を利用したほうがいいケースがあります。反面、後から相続放棄を撤回するのは難しいため、慎重に判断する必要もあります。相続放棄のメリット・デメリットについて確認してみましょう。

    掲載日:2018年08月14日相続・相続税
  • みなし相続財産とは?生命保険にかかる相続税

    みなし相続財産とは?生命保険にかかる相続税

    生命保険は被相続人の相続財産ではありませんが相続税がかかります。またケースによっては課税関係が異なったり非課税を受けられないケースもありますので、注意点についても確認してみましょう。

    掲載日:2018年07月19日相続・相続税
  • 死亡退職金は相続税の課税対象になる?

    死亡退職金は相続税の課税対象になる?

    被相続人が亡くなった後に遺族に支払われた死亡退職金は相続税の課税対象になります。会社員が亡くなった場合の死亡退職金以外にも相続税の課税上で死亡退職金と扱われるものがありますので確認してみましょう。

    掲載日:2018年07月10日相続・相続税
  • 負担付贈与とは?メリット・デメリットと注意点

    負担付贈与とは?メリット・デメリットと注意点

    不動産を贈与するからその不動産の残りのローンを払って欲しい、○○○を贈与するので自分の介護をして欲しい、など一定の負担をすることを条件とした贈与のことを「負担付贈与」と言い、一般的な贈与と課税が異なります。予想外に高い税金になるケースや、一般的な贈与と思っていたものが負担付贈与に該当してしまうこともあるので注意が必要です。

    掲載日:2018年06月20日相続・相続税
  • あなたは大丈夫?相続における国外転出時課税制度とは

    あなたは大丈夫?相続における国外転出時課税制度とは

    平成27年度税制改正より施行の「国外転出時課税制度」ですが、相続には関係ない、我が家には関係ないと思っていても実は該当しているということがあります。海外に相続人がいる場合は必見です。

    掲載日:2018年05月22日相続・相続税
  • 平成30年最新版 相続税の小規模宅地等の特例

    平成30年最新版 相続税の小規模宅地等の特例

    相続税を安くすることができる「小規模宅地等の特例」。その効果は大きく、可能な限り適用を受けたいものです。一部改正もありましたので今回は平成30年最新版として、かつ分かりやすく解説します。

    掲載日:2018年04月27日相続・相続税
  • 相続税の基礎控除額とは?計算方法を解説

    相続税の基礎控除額とは?計算方法を解説

    相続税は、相続が発生すれば必ずかかるということではなく、「基礎控除額」を超えた場合に初めて相続税が発生します。では、基礎控除額はいくらになるのか?ケースによって異なりますので確認してみましょう。平成27年1月1日以降に発生した相続は3000万円+600万円×法定相続人の数となります。民法上の法定相続人と、相続税の基礎控除額の計算における法定相続人の数は異なりますので、注意が必要です。

    掲載日:2018年03月26日相続・相続税
  • 失敗しない!自筆の「遺言書」の書き方と例文

    失敗しない!自筆の「遺言書」の書き方と例文

    遺言書があるから大丈夫と思っていても、いざ遺言書を開けてみたら「無効」ということも。相続で揉めないために、失敗しない遺言書の書き方を確認しておきましょう。通常の遺言書といえば、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」があります。「自筆証書遺言」は最も手軽に作成できる遺言書ですが、無効にならないために注意する点とは?遺言書の書き方の具体的な例も紹介します。

    掲載日:2018年03月19日相続・相続税
  • 遺言はどんなときに必要?遺言書作成の注意点とは?

    遺言はどんなときに必要?遺言書作成の注意点とは?

    遺言書の必要性は理解しているものの、実際に作成している人はまだ1割ほどです。遺言書がないと遺産分割協議が必要ですが、なかなか話がまとまらないことも。相続人同士の仲が悪く、将来もめそう、分割協議が難しい、特定の相続人に相続させたいなど、相続人以外にあげたいなど遺言書を作成しておいたほうがよい主なケース4つを解説します。

    掲載日:2018年03月12日相続・相続税
  • 遺言執行者とは?どんなときに必要?

    遺言執行者とは?どんなときに必要?

    遺言執行者という言葉は聞いたことがあるものの、その内容まで詳しく知っている人は少ないと思います。遺言執行者は「未成年者」と「破産者」以外であれば誰でもなれます。個人でも法人でも、一人でも複数でも可能です。遺言執行者とは何か、遺言執行者が必要なケース、メリットとデメリットなどを紹介します。

    掲載日:2018年03月11日相続・相続税