相続・相続税 ガイド 小野 修

おの おさむ

税理士法人レガシィ所属。AFP。年100件超の相続・相続対策を担当。資産家やトラブル事案を得意とする。

得意分野

相続前の対策、相続手続き全般、トラブル事案、遺産分割コンサルティング

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数77
メディア掲載実績10
執筆書籍数1

ガイドからの挨拶

「うちは相続のトラブルとは無縁だと思っていた」
「仲が良かったので絶対もめることなんてないと思っていた」

ご相談にいらっしゃった方からよく聞く言葉です。

「何も知識がなかったから」はもちろんですが、「しっかり調べていたけれど、実際にはその通りにならなかった」という理由でトラブルになってしまった方がとても多いです。

相続に関する悩みや不安は本当に多岐にわたりますし、万全の対策をしていると思っていても、別の大きな落とし穴があちこちにあります。

ですので、これまでの多くの経験を活かし、教科書には載っていない「現場では実際にこうだった」という事例を入れながらご紹介したいと思います。

メディア掲載実績

雑誌リビングむさしの
ハウジングプレス 専門家に聞く、相続税改正の“その後” 何かと心配な相続対策、今できることは!?
2016年04月23日
新聞リビング東京副都心
空き家問題と相続対策のキーワードをチェック 何かと心配…知っておきたい “空き家問題”と相続対策
2016年02月06日
新聞リビング東京副都心
ハウジングプレス 今知らないと大変なことに!“空き家問題”と相続対策
2015年10月10日
新聞リビングむさしの
ハウジングプレス 「相続対策どうしよう?」
2015年10月10日
新聞リビング東京西
今知らないと大変なことに!“空き家問題”と相続対策
2015年07月04日

ガイドの新着記事

  • 空き家譲渡の特別控除が老人ホーム入所でも対象になる

    空き家譲渡の特別控除が老人ホーム入所でも対象になる

    相続した空き家を売却した場合の譲渡所得の3000万円特別控除が、2019年度税制改正により見直されます。これにより適用要件の一部緩和と期間が延長されることになります。あらためてポイントと注意点を確認してみましょう。

    掲載日:2019年02月13日相続・相続税
  • 結婚・子育て資金の非課税贈与のメリット・デメリット

    結婚・子育て資金の非課税贈与のメリット・デメリット

    子や孫の結婚・出産・育児を後押しする目的で、祖父母や両親の資産を早期に子や孫に移せる「結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税制度について解説します。非課税の上限は1000万円(結婚関係は300万円)までです。2019年度税制改正により、期間が「2021年3月31日まで」に延長されました。なお併せて受贈者の所得制限が設けられ、2019年4月1日以降の信託等は、信託等する日の属する年の前年の受贈者の所得金額が1000万円を超える場合にはこの制度は利用できないことになりました。

    掲載日:2019年02月06日相続・相続税