ネット定期のメリット

「ネット定期」のメリットについて説明しましょう。

都市銀行や地方銀行など、実際の銀行窓口がある店舗型銀行に比べ、店舗代や人件費などのコストが抑えられるぶん、普通預金や定期預金の金利が高めに設定されています。

2008年10月20日現在、都市銀行の定期預金の金利は、預入期間1年で0.35%、3年で0.45%程度です。ネット定期なら1年で0.9%というものもあり、店舗型銀行の2倍以上です。ネット定期の金利は、ネット銀行によって大きく異なるため、預け入れを行う際は、ネット上でよく比較してみるといいでしょう。

ネット定期の場合、満期が来たら、再度ネット上でネット定期の申し込みをしたり、投資信託や外貨預金など、他の金融商品を買うこともスムーズにできます。店舗型銀行のように、窓口に行って順番待ちをしたりする手間がかかりません。また、満期の時期に、メールでお知らせをしてくれるサービスがあるネット銀行もあります。

ネット定期のデメリット

次にデメリットについて説明しましょう。

ネット銀行は、ネット上でどこでもアクセスできるという便利さはありますが、インターネットカフェなど、不特定多数の人が利用するパソコンで使用するとパスワードが盗まれる可能性があるため、非常に危険。自宅のパソコンのみに限定することをオススメします。

また、入出金をする際に、提携ATMによっては、手数料がかかる場合があ
ります。ネット定期を口座開設する際は、自宅や勤務先の周辺など、よく利用しそうな提携ATMの利用手数料が無料になるかどうか、確認してからにするといいでしょう。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。