関連するクレジットカードを注意深く選ぶのがこれからのトレンド

その際に重要なのはクレジットカードとの関連です。最近は電子マネーとクレジットカードの結びつきが強固になっています。特定のクレジットカードとセットで使えば、電子マネーへのチャージやオートチャージ、一カ月後の引き落とし、さらには利用のたびにポイントやマイルが貯まるようになってきました。

プリペイド型の場合は、チャージするのにクレジットカードが使われます。特定のクレジットカードを使ってプリペイド型電子マネーに入金します。その際にクレジットカードの側にポイントが貯まります。

さらに、その延長線上に「オートチャージ」があります。オートチャージとは、電子マネーの残金が不足したときに自動的に関連づけられたクレジットカードから入金されるサービスです。これも特定のクレジットカードと関連づけると可能です。設定は任意で、SuicaやPASMOはこの機能を備えていてとても便利です。

また、ポストペイ型の場合、そのクレジットカードの利用分に合算されて口座から代金が引き落とされますが、その際、合算金額に相当するポイントを獲得できます。条件のよいクレジットカードと関連づけると、ポイントやマイルが2倍~3倍貯まったりします。
そのため、電子マネーを使うには、クレジットカードは必須のツールとなってきました。これからは電子マネーとクレジットカードを上手に組み合わせて使う必要がでています。

このように電子マネーといってもプリペイド型、ポストペイ型、交通系、買い物系、さらにチャージ、オートチャージといろいろあります。それぞれの違いをよく知って、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

ご紹介した電子マネーの一覧






【関連リンク】
「nanaco」ホームページ
Edyのキャンペーン
iD(三井住友カード)

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。