この超低金利の世の中、低すぎて利息額に大差がないと言えばないのですが、それでもユーザーの方の関心の高さが伺えます。今回は、預金金利(円預金)の徹底比較を行いました。こんな世の中だからこそじっくり検討してみましょう。まずは、日頃使うお金の預け先「普通預金」。主要銀行の普通預金金利は下記の表の通り。
 

金利が高めなのはネット普通預金

 

2010年2月12日現在。ジャパンネット銀行は100万円未満の場合。

2010年2月12日現在。ジャパンネット銀行は100万円未満の場合。


都市銀行などは、基本的に横並び。新生銀行は資産残高に応じて金利が決まります。金利にバラツキがあるのはネット銀行やネット支店などです。金利が高いのは、ネット取引が基本のシティバンクの円普通預金eセービング。イーバンク銀行、ジャパンネット銀行、スルガ銀行ダイレクトバンク支店も都市銀行より高めの水準です。

金利が高いネット普通預金の金利情報 は「選べる!ネット普通預金比較」から。

定期預金の金利は次ページで