「銀行サービス」サイトのおすすめリンク集の中でもダントツのヒット数を誇る「預金金利」カテゴリ。この超低金利の世の中、低すぎて利息額に大差がないと言えばないのですが、それでもユーザーの方の関心の高さが伺えます。昨年、ガイド記事でお届けしました「預金金利(円預金)徹底比較」のアップデート情報をお届けします。

まずは、日頃使うお金の預け先「普通預金」。大手銀の普通預金金利は0.001%という信じられない低さです。100万円預けて、利息はなんと税引後8円。



普通預金の金利はネット銀行が高めに設定しています。特にイーバンク銀行の0.1%は突出した高さ。ただし、イーバンク銀行はネット上での決済に特化した銀行のため、自分の口座への入出金の仕組みが通常の銀行と異なり、日常的に使うお金の預け先としては使い勝手がいまいち。イーバンク銀行の入手金のしくみについてはこちらから。

月間のセゾンカードのショッピング利用額によって適用金利が変動するオリックス信託銀行の優遇金利付き普通預金や、オリックス信託銀行に100万円以上預金した場合の利率もなかなかの高金利。

新型口座のUFJ銀行「オールワン」や東京三菱銀行「メインバンク スーパー普通預金」も金利は比較的高めに設定されています。ただし、これらの新型口座は、預金残高が一定額以下になると口座維持手数料を徴収されますのでご注意を。

各銀行の最新の預金金利情報 はこちらから。