決算前
2007年3月期決算に向けて
2000年以降、銀行業に新規参入したネット専業銀行(ジャパンネット銀行・ソニー銀行・イーバンク銀行)とATM決済銀行のセブン銀行。2007年3月期の通期決算を前に、4行の明暗が分かれつつあります。

昨年、2006年3月期の最終損益は、ジャパンネット銀行以外の3行が黒字。ソニー銀行とイーバンク銀行は、開業以来初の最終黒字でした。2005年3月期に初の黒字化を達成したジャパンネット銀行は最終赤字。2004年3月期に初の黒字化を達成したセブン銀行は、減益ながらも100億円以上の黒字となり、新規参入行の中ではダントツの順調っぷりでした。

2007年3月期の通期決算を前に、各行の2006年4-12月期の業績が発表されています。決算に向けて各行の体力チェック!

ジャパンネット銀行


2000年10月に開業した日本初のネット専業銀行。2006年4-12月期は経常赤字に転落したものの通期では黒字を確保できる見込みとのこと(?)。前期は、フィッシング被害のセキュリティー対策費がかさみ、前々期の初黒字化から最終赤字。ヤフーとの資本提携により「Yahoo!ネットバンキング決済連携サービス」を開始し、今後は超メジャーサイト「Yahoo! JAPAN」との連携を強め、更なるユーザ拡大を狙っていくものと思われます。「Yahoo! JAPAN」とネットバンキングは、間違いなく好相性。利便性の高いサービスを期待したいですね!

ジャパンネット銀行

ソニー銀行


2001年6月開業のフルバンキングサービスをモットーとするネット専業銀行。前期は、開業以来、通年で初の黒字化を果たし、2006年4-12月期も減益ながらネット専業銀行では唯一の経常黒字。通期でも黒字を確保できる見込みとのこと(?)。外貨預金・投資信託・住宅ローン等、充実した商品ラインナップで、ネット専業銀行の中ではダントツの預かり資産を確保。特に格安な為替手数料で人気の外貨預金は看板商品。同じくネット専業銀行のイーバンク銀行が投資信託・外貨預金の取り扱いを開始し、今後は、大手銀行のみならず、ネット専業銀行ともしのぎを削りつつ、よりユーザに便利でお得なサービスを提供してくれるのでは!

ソニー銀行

イーバンク銀行


2001年7月開業のネット決済をメインビジネスとするネット専業銀行。ネット決済に便利なサービスを各種提供しており、口座数は190万口座とネット専業銀行の中ではトップ。2006年4-12月期は経常赤字に転落したものの通期では黒字を確保できる見込みとのこと(?)。前期は、開業以来、通年で初の黒字化を果たしたのですが…。投資信託に続き、2006年12月からは外貨預金の取り扱いも開始し、ネット決済の独自サービスを維持しつつ、ネット決済ビジネス以外にも積極的にといった様子です。

イーバンク銀行