決算前
最高益!
ネット専業銀行3行は、いずれも経常利益が減少し、唯一ソニー銀行が黒字を確保。ジャパンネット銀行とイーバンク銀行は、通期決算では黒字確保の見込みということですが、3行とも預かり資産の運用益の減少でなんとなくパッとしない様子。前期も好調だったあの異業種参入銀行は?

セブン銀行


2001年5月開業のATM決済をメインビジネスとする異業種参入銀行。その名の通り、ほとんどのセブン-イレブンでお目にかかることができるあのATMの銀行です。ATM台数は12,000台に迫る勢いで、ATM利用も増え手数料収入が順調に伸びています。2004年3月期に初黒字化して以来、黒字をキープ。2006年4-12月期も経常利益、最終利益ともに最高益を更新と絶好調です。

新規参入行の中では、いち早く、順調に勝ち組体制を整えている印象。更なるATM台数の増加、各種金融機関との提携にも積極的。本業における最大のライバル「イオン」の銀行設立のニュースもあり、今後は異業種参入同士でのサービス合戦も繰り広げられることになるのかもしれません。また、セブン&アイホールディングスは独自の電子マネー「nanaco」の導入を決めており、2007年春にセブン-イレブン各店舗からサービスを開始。何らかの形でセブン銀行との提携サービスの予感もします。

セブン銀行
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。