収入に関するマネー・デトックス・レシピ

中毒その6●自分の能力にギャラは適当か考えてない人

自分の能力と自分の年収はバランスがとれていると思いますか? もし、こうした質問にすぐ返事できないようでしたら、あなたもマネー中毒にかかっています。これはすぐにでもデトックスが必要です。

人生において、自分の稼げる期間はあまり長くありません。プロ野球選手やサッカー選手ほど短くはありませんが、どんなに長く見積もっても70歳以上も稼ぎ続けることは珍しいでしょう。仮に60歳と見積もった場合、40歳であれば、残り20年しかないわけです。年収500万円のままであれば20年で稼げる額は1億円ですが、年収800万円なら20年で1億6000万円稼げます。もちろん、年収が1000万円を超えれば2億円以上です。その差は決して無視できるものではありません。つまり、もっと稼げる能力のある人が低い年収で満足している場合、大きな差がついてしまうということなのです。

また、残り20年間の収入が単純計算で「今の年収×20」といえるかはわかりません。なんとなく、年収は将来に向けて上がっていくものだと思っているのでしたら、そうした幻想は諦めておく方が懸命です。労働者の平均を見ても、年収のピークは40歳代後半で、50歳代以降は下がっていきます。ピークはまもなくであって、この先下がるのであれば、「×15」くらいにしかならないかもしれません。あるいはもっと少なくなるかもしれません。だとしたら、稼げるうちに自分の能力を活かしてきっちり稼いでおかなければなりません。手前の10年で稼げる金額を増やすのです。

今の自分の能力に年収が見合っているかは重要な要素です。もし、今の年収が自分の能力以下であると思うのであれば、年収を上げる方法を必死に考えてみる必要があります。あなたはあなたの「稼ぐ力」を浪費しているわけです。1年たつごとに100万円単位で損をしているようなものです。株や競馬で損をすると悔しがるのに「稼げる力」を浪費して悔しがらないのはおかしな話です(競馬で100万円損したらあなたはどうしますか?) 今すぐ転職の可能性を調べてみるなり、とりあえず何か行動が必要です。それがデトックスの一歩です。

もし今の能力と年収がトントンだと思う人は、2つのことを考えてみましょう。1つは「実は自分の能力は周囲からもっと高く評価されているかもしれない」という可能性。だとすれば、本当はもっと高い年収をもらってもいいわけです。2つは「今の自分がもっと能力を高めれば、年収も高くもらえる」という可能性です。今日明日の変化ではないかもしれませんが、さらに稼ぎを増やすチャンスがあるわけです。

もし、自分の能力と年収のバランスが見当もつかないという人は、転職情報サイトなどで登録してみてはどうでしょうか。こうした会社は過去のノウハウを元に、あなたの適正年収のシミュレーションをしてくれます。ひとつの参考でしかありませんが、それでも一人で悩んでいるより大きな参考になることでしょう。

ちなみに、私は自分の年収は自分の能力以上に過分に評価いただいていると感じています。つまり、がくんと下がる可能性もあるわけです。だから強い危機感を感じてレベルアップをすることを考えています。もし同じ人がいたら、今の自分はラッキーであると思って、能力アップに努力してみてください。来年のあなたの能力が高まれば、今の年収はあなたにとって相応なものになるかもしれません。もしかすると、年収が不相応に感じられるかも?


(バックナンバー)
貯金に関するマネー・デトックス・レシピ
 中毒その1●そもそも貯金できない!
 中毒その2●貯金の金利をやたらと気にする
 中毒その3●この先どれくらい貯金できるか考えてない人

借金に関するマネー中毒
 中毒その7●キャッシングすることに抵抗がない人
 中毒その8●リボの残高があっても毎月返済すればOKだと思っている人
 中毒その9●住宅ローンは資産作りだからいいと思っている人

支出に関するマネー・デトックス・レシピ
 中毒その10●給料日前には口座の残高が3ケタになる人
 中毒その11●ついつい衝動買いしてしまう人
 中毒その12●毎月の予算がイメージできてない人

資産形成に関するマネー・デトックス・レシピ
 中毒その13●元本割れがとにかくイヤで投資ができない人
 中毒その14●追加拠出をしないで増やすことばかり考えている人
 中毒その15●自分が運用がうまいと過信している人

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/10/1~2021/10/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。