その投資を続けていて本当に1億円つくれるのか?

以前、こういう人がいました。
「不動産投資はリスクがある、借金は怖い、自己資金は使いたくない、でも駅近で利回り10%はほしい」

自分が進める青信号の基準が投資力の差でもあります

自分が進める青信号の基準が投資力の差でもあります



私はこう答えました。
「そんな物件があれば、ぜひ私にも教えてください」

誰だってリスクを負いたくない。自己資金も使いたくない。もちろんリターンは高い方がいい。確かにその通り。でも、そんな都合の良い投資ってあるのでしょうか?

多くの人が「1億円をつくりたいか」と聞かれると、「作りたい」と答えると思います。では、「そのための具体的な行動を何かやっているかと」聞かれると、どう答えるでしょうか。あるいはやっているという人でも、「その方法で本当に1億円作れると思っているのか」と聞かれると、どう答えるでしょうか。

もちろん、どのくらいの期間かによって、最適な投資対象や方法は異なってくると思いますが、もし短期での形成を目指しているのであれば、それに即した方法があるはずです。

そして、短期形成のためにはやはり、多額の資金を投入する、もしくは高いレバレッジをかける必要があります。しかし、そこでビビって足がすくんでしまう人が多いのも事実です。

「1年で3億作る」はバクチ的だと言われますが、果たしてそうでしょうか。競馬に100円つぎ込むのと100万円つぎ込むのも、バクチには変わりありません。しかし、ある程度カタイ投資であれば、100万円つぎ込むのも1千万円つぎ込むのも、リスクの大きさとしては大して変わらないというのが、今までの実感です。

私もよく「サラリーマンが多額のローンを組んで不動産を買うのは、リスクが大きすぎて普通の人には向かない」という指摘を受けます。そもそもローンの金額が大きい=リスクが大きい、という考え方自体、論理の飛躍があるのですが、現金が貯まるまで待っていたら、一生節約人生で終わってしまいかねません。

資金は大きく動かすほど多額のリターンが得られる

1,500円の株を千株買うには、150万円必要です。その株が2割上昇したとすると、30万円の利益が得られます。もしこれに1,500万円投下すれば、300万円の利益が得られ、得られる金額は格段に大きくなります。でも、一つの銘柄に1,500万円も投下するのは、怖くてできないという人も多いでしょう。

300万円の利回り12%のワンルームマンションを現金で買うと、年間36万円の家賃収入が得られます。しかし、300万円を元手に5千万円のローンを組んで、利回り8%の1棟アパートを購入したとすると、金利3%、返済年数30年として、年間90万円の手取り収入が得られます。でも、5千万円もの借金をするのは、怖くてできないという人も多いでしょう。

これが、お金持ちになれる人と、願っていてもそうなれない人との差です。

株なら多額の資金を投下する。FXや不動産なら大きくレバレッジをかける。ビジネスで儲けるなら(事業の内容にもよりますが)多額の広告費をかける。もちろん、他にも方法はありますが、株にしろFXにしろビジネスにしろ、大きなレバレッジをかけたり、大きく資金を投下したりするなどしてリスクをとるからこそ、短期に大きなリターンが期待できるわけです。

意志決定する胆力が必要

要するに、

短期間に大きく増やしたい → 資金を大きく動かす必要がある

資金を大きく動かすのは怖い → 短期間に大きく増やすのはあきらめる必要がある

ということです。

本気で1億円を作りたいなら、もちろん学習や情報も必要ですが、やはりそれなりの決断をする胆力が必要となります。しかし、自分が快適な範囲が、借金をしないこととか、資金を大きく動かさないということなら、その程度の資産しか作れないとあきらめるべきでしょう。

本業で大きな意志決定ができる人なら、本来は投資でも大きな意志決定ができるはず。逆に言うと、投資で大きな意志決定ができない人は、本業でも大きな意志決定ができない、つまり、仕事ができない人、ということも言えるかもしれません。

私も当時は少ない自己資金しかなかったので、ほとんどフルローンに近い借り入れで不動産を取得しました。だからこそ、毎月100万円にものぼるキャッシュフローが生まれているのです。ある程度お金が貯まってきたら、1銘柄に1千万円以上つぎ込んで株を買いました。だからこそ、数百万円という単位で売却益を享受することができたのです。なぜなら、私自身、「自分にはお金がない」ことをわかっていたし、「でも短期間で増やしたい」という欲があったからです。

人によって投資の目的や作りたい資産規模、目指すリターンはそれぞれ異なりますが、自分が目標に到達できるような意志決定を本当にしているのかを、今一度振り返ってみてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。