1億稼ぐ子供を育てる

年収1億円を稼ぐ子供に育てるには?
随分大胆なタイトルだと思われたでしょうか。

親にとって、子供が大成するのはやはり大きな夢です。もちろん人生の成功とは個々人によって異なり、お金以外の部分も大きいと思いますが、投資のコラムですので、あえて1億円稼ぐ、というテーマで述べたいと思います。

職業としては、プロ野球選手や芸能人という道もあり、メジャーデビューすればそれこそ億の年収を稼げます。しかし、容姿や身体能力など生まれながらの資質による部分もありますから、ここでは除外したいと思います。そこで私たちにとって一般的とも言える、「1億稼ぐビジネスパーソンを育てる」ということに焦点を当てて考えてみましょう。

どの世界でも同じことですが、ファンドマネージャーのように他者を圧倒する成果を出せる人や、クリエーターのように余人を持って代え難い作品を送り出せる人、そして起業家のようにリスクをとって市場を開拓し、価値ある商品を世に提供する人には富が集まります。では、彼らはどのような家庭環境で育ち、どのような教育を受けてきたのでしょう。


やはり親自身が稼げないといけない?

多くの場合、親が成功していれば、子供も成功する傾向が強いようです。つまり、「子供は親の背中を見て育つ」ということでしょう。したがって、子供を成功させたいと思ったら、「まず親である自分自身が成功する」努力をすることが重要になるということです。

自分の力で人生を切り開く姿、逆境を乗り越えていく親の姿を子供は見て育ちます。そして、子供自身もまた、自分の力で人生を切り開くことの楽しさや重要性を、潜在意識下で認識するようになるのです。

また、親が稼ぐ思考パターンや行動パターンを持っていれば、そのまま子供に伝授することができます。逆に、親がそういう経験を持っていなければ、子供に伝えることはできず、子供は自分でそれを学んでいかなければなりません。

(もちろん、ダメ親を反面教師として奮発して大成する人もいますが、それは教育と関係なく本人の問題意識に依存してしまうので、あまり現実的ではないかもしれません。)

身も蓋もない言い方をすれば、「年収1億円稼ぐ子供にしたければ、親自身が年収1億円を稼げるようになる」こと、になってしまうでしょう。「それはあんまりだ」と思われた人に、私たちができる教育方法をご紹介します→次ページへ