不動産取引が活発化してきた
不動産価格が本格的に上昇の動きを示すようになってきました。今年初め頃と比べれば、明らかに売り出し価格が上がっています。

不動産業者のデータベースであるレインズを毎日チェックしていると、ものすごい勢いで売り物件情報が減っています。今年に入ってから、都心部の優良物件の在庫が急減していましたが、つまり売れているということです。

もちろん、「フラット35」(住宅ローン)の条件緩和、住宅取得控除枠の拡大など、不動産取得を後押しする政策群の効果でもあると思われます。

しかしやはり、価格の下落による割安感が出たことが大きいでしょう。そして、都心部は新規供給がほぼストップしましたから、優良な新築物件は限られる。

ということは、都心の中古物件に注目が集まり、さらに中古物件の在庫も少なくなり、さらに価格が上昇するのは必然です。

もちろん、郊外は続落傾向ですから、あくまで都心部や優良立地に限られますが、昨年後半から今年初めに買った、当社の顧客が所有する物件でも、すでに含みのキャピタルゲインが出ています。

いつの時代も、行動が遅い人がババを掴む傾向にあります。もちろん「自宅だから自分が満足すればいい」と考える人もいるでしょう。

しかし、割安な価格で取得しようと思うと、今後資産インフレ傾向が強くなると仮定すれば、チャンスは次のバブル崩壊を待たなくてはなりません。これは不動産に限らず、金融商品でも同じです。

さて、あなたはどういうアクションを取るでしょうか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。