優雅な空気が流れる、嵐山・嵯峨野

嵐山にある渡月橋。山と川と橋が一体となって美しい景色を作り出しています。

嵐山にある渡月橋。山と川と橋が一体となって美しい景色を作り出しています

嵐山は市内中心部からJR・阪急電鉄・京福電鉄などで30分程度のエリア。平安時代から貴族の別荘地で、春は桜、夏は鵜飼、秋は紅葉、冬は雪景色という「とっておきの魅力」があります。間近に迫る山々と裾野を流れる雄大な川の流れ、美しく架かる渡月橋、この3つが織り成す景色に心を打たれることでしょう。

名前までも美しい「渡月橋」

全長が155mある大きな橋です。亀山天皇が、月がこの橋を渡るように見えることから名づけたとされます。1934年に鉄筋で造り変えられましたが、欄干は木造となっており、平安時代に造られた当時の形ができるだけ再現されたのだとか。車や大勢の人々が行き来する今でも、絵になる美しさがあります。嵐山をバックにこの橋を入れるだけで、名写真の出来上がり!

巨大な敷地に圧倒!「天龍寺」

敷地はとても広いので、ゆっくり楽しめます

敷地はとても広いので、ゆっくり楽しめます

巨大な敷地に、塔頭や伽藍がいくつも立ち並ぶお寺です。中でも見どころは池泉式(ちせんしき)庭園。僧・夢窓疎石(むそうそせき)が水墨画を実際に表現したと言われる見事な風景はいつまでも眺めていたくなるような風情があります。寺格の高さゆえ全国から住み込み修行に訪れる僧も多く、早朝と夜にはこの池と向かい合って座禅修行が行われているそうです。法堂に描かれた「雲龍図(うんりゅうず)」は常時公開ではないので、見られるチャンスはお見逃しなく。

天龍寺
住所:京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68
TEL:075-881-1235
拝観時間:8:30~17:30(10月21日~3月20日8:30~17:00、11月の土曜日・日曜日・祝日、11月14日~12月6日7:30~17:00)
拝観料金:大人500円