京都の名店「モリタ屋」のデリ専門店で超レアなホルモンを買う

すき焼き

モリタ屋のすき焼き。ざらめを使うのが関西風。


「モリタ屋」と聞けば、すき焼き、しゃぶしゃぶ、そしてオイル焼きを提供する老舗とイメージされるほど、多くの方に知られる名店中の名店。我が家でも何かお祝いごとがあると、「モリタ屋」で食事をするのが恒例で、いわば切り札的なお店として愛用しています。

創業は明治維新まもない1869年。大正天皇の即位式に特選の牛肉、森田牧場の牛乳を献上。その後も宮内省、陸軍省の御用達となっていたという、まさにお墨付きの肉質で、そのおいしさは一度食べたら忘れられません。

店

竜安寺駅からすぐ!


高級店と知られる「モリタ屋」ですが、実は庶民でも手が伸ばしやすいデリ専門店「モリタ屋 竜安寺駅前店」が竜安寺近くにあります。わかりにくい場所にあることもあり、地元でも知る人ぞ知るお店で、私も家族から教えてもらいました。店の前に車を置くことすら困難な狭い道なので、観光客の方が行く際はタクシーを利用するといいでしょう。

ホルモン

新鮮なホルモンはきれいなピンク色。


こちらのお店の隠れた名物といえば、新鮮なホルモンです。入荷した際にしか販売しないため、みつけたらラッキー。お店の近所に住む家族は、チラシにホルモン入荷の情報が掲載されると、オープンと同時に買いに走るそう。この日は偶然にも2パックだけホルモンがあり、即買い!

見るからにツヤツヤで、ピンク色のホルモンは、下処理がしっかりなされており、臭みも全くと言っていいほどありません。直営の牧場で飼育、販売と一貫しているだけあって、品質の良さは安いホルモンでも最高クラスです。

ホルモン2

ホルモンは焼きかお鍋に。


味噌ベースのお鍋に仕立てて食べましたが、歯応え十分! 脂ののりがほど良く、弾力はあるのに、とろけてゆくような味わい。さすが「モリタ屋」だなと、夫と二人、食卓で感心しきりでした。

次ページでは揚げ立てが美味しいお惣菜について