【Outlook Express/Windowsメール】

退職時の挨拶メールなどを複数の相手に送信する場合、下の図のように[宛先:]欄あるいは[CC:]欄に相手のアドレスを並べて書くのは考えものです。

この方法だと受信者全員に同報送信先のアドレスが公開されてしまいます。個人情報を保護するためには、[BCC:]欄を活用しましょう。BCC(ブラインドカーボンコピー)欄に入力したアドレスは、他の相手には表示されません。

しかし、Outlook Express (VistaではWindowsメール)の標準設定では、[BCC:]欄が表示されていません。以下の設定をすると、[BCC:]欄を表示できます。

まず、Outlook Expressを起動し、[メールの作成]ボタンをクリックします。

[メールの作成]ボタンをクリックすると、[メッセージの作成]ウィンドウが表示されますので、[表示]メニュー→[すべてのヘッダー]をチェックします。

[すべてのヘッダー]をチェックすると、[メッセージの作成]ウィンドウに[BCC:]欄が表示されます。

BCCでのメールの作成法は次ページ>>