詳細ペイン <Indexに戻る>

ファイルを選択すると、ファイルの種類、更新日時、作成者などの詳細情報が表示される。詳細ペインを右クリックすると、大中小のサイズを選択できる。

ライブアイコン <Indexに戻る>

Office2007などライブアイコンに対応したアプリケーションで保存した文書では、実際のファイルの内容がサムネイルプレビューされる。また、アイコンの大きさも調整可能で、効率的に作業ができる。

プレビューペイン <Indexに戻る>

ファイルをクリックするだけで、ドキュメントやメディアの内容がプレビューできる。また、プレビューした内容をコピーすることも可能だ。

プレビューペインを表示するには、[整理]→[レイアウト]→[プレビューペイン]をクリックする。


以上のように、Windows Vistaのエクスプローラは、XPと比較して格段に操作性が向上している。特にクイック検索と拡張されたアドレスバーは、使い勝手が良い。変更された機能が多いので最初は戸惑うが、ファイル管理に手放せないツールになりそうだ。

【関連サイト】

Microsoft Windows Vista ホーム

Microsoft Windows ファミリ ホーム
 

【関連ガイド記事】

Vistaのスタートメニュー、使いやすいの?

Windows Vista Aero は超クール!

WindowBlinds4でVistaに挑戦!

Vistaの便利な機能を使う【アイコン編】 [LAN]

高性能ビデオカードで Vista に備えよう [デスクトップパソコン]

PC買い替え時期は現在のXP?来年のVista? [パソコンスキルの初歩・資格]

Windows Vista が動くビデオチップは? [ノートパソコン]

(酒井雄二郎)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。