【MS-IME/キーボード】

同窓会名簿やアドレス帳などで住所を連続して入力する場合には、MS-IMEの郵便番号を住所に変換する機能が便利です。

まず、言語バーの[変換モード]をクリックし、[人名/地名]モードをオンにします。

日本語入力システムを起動して、郵便番号たとえば「160-0023」と入力してから、[変換]キー(通常はスペースキー)を押します。

すると、郵便番号が住所に変更されます。

変換モードを[一般]のままで郵便番号を住所に変換したい場合は、次のように設定します。まず、言語バーの[ツール]ボタンをクリックし、[プロパティ]を選択します。

ダイアログボックスが表示されたら、[辞書/学習]タブをクリックします。[Microsoft IME 郵便番号辞書]ボックスを2回クリックして、グレーのチェックを黒のチェックに変更します。

【手順のまとめ】

 1)言語バーの[変換モード]ボタンをクリックする。

 2)[人名/地名]モードをオンにする。

 3)郵便番号を入力する。

 4)[変換]キー(通常はスペースキー)を押す。

【関連リンク】

手書きで漢字を調べる

顔文字を入力する

言語バーを目立たなくする 1

言語バーを目立たなくする 2

(酒井雄二郎)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。