【アクセサリ】

メモ帳は余分な機能を省いた簡易エディターで、ちょっとしたメモや設定ファイルの修正などに手軽に使えます。

さらに、以下の設定をすると、ファイルを開いたときの日付と時刻が自動的に記入されるようになります。日記、電話の連絡帳など日付や時刻の記入が必要な文書では、入力の手間が省けてとても重宝します。

まず、[スタート]メニューを表示させ、[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[メモ帳]をクリックしてメモ帳を起動します。

メモ帳が起動したら、最初の行の先頭に半角大文字で.LOG」と入力します。

入力が完了したら、[ファイル]メニュー→[メモ帳の終了]をクリックして、メモ帳を終了します。保存ファイル名は、ここでは「連絡帳」という名前にしました。

・設定後

これで準備は整いました。次にこのファイルを[メモ帳]で開くと、開いたときの日付と時刻が自動的に記入されます。

【手順のまとめ】

 1)[スタート]メニューをクリックする。

 2)[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[メモ帳]をクリックする。

 3)最初の行の先頭に半角大文字で「.LOG」と入力する。

 4)[ファイル]メニュー→[メモ帳の終了]をクリックして、メモ帳を終了する。
 

【関連リンク】

ファイルとアプリの絆を断つ!

手書きで漢字を調べる

時刻を自動的に合わせる

(酒井雄二郎)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。