静寂の島 ラナイ島 (LANAI ISLAND)

島の中央部にあるラナイ唯一の町ラナイシティ。ノーフォーク松の並木が印象的(写真協力:ハワイ州観光局)

島の中央部にあるラナイ唯一の町ラナイシティ。ノーフォーク松の並木が印象的(写真協力:ハワイ州観光局)

「静寂の島」と呼ばれるラナイは、6島のなかで最も小さい島。かつてはパイナップル王ドール氏の農場があり、島の半分以上がパイナップル畑だったことから「パイナップルの島」と呼ばれることも。その後、大規模なリゾート開発により、ハワイ屈指のリゾートアイランドへと生まれ変わりました。2012年6月には、データベースソフトウエア最大手、米オラクル社CEOのラリー・エリソン氏が島の98%を買収したことが話題に。

豪華リゾート、フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ・アット・マネレ・ベイ(写真協力:ハワイ州観光局)

豪華リゾート、フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ・アット・マネレ・ベイ(写真協力:ハワイ州観光局)

この小さな島に2軒のラグジュアリーリゾート、フォーシーズンズがあるのがラナイの特徴です。1軒は島の中央部、標高480メートルの高原に建つイングランド・スタイルのリゾート、フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ ロッジ・アット・コエレ。

もう1軒は、南海岸のフロポエビーチを見下ろすビーチリゾート、フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ・アット・マネレ・ベイ。両ホテルともに名門ゴルフコースが併設された、世界のVIPが訪れる隠れ家リゾートです。

ラナイ島の紹介記事はこちら>>>ラナイ島
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。