CDまたはDVDのディスクイメージを作成する

バックアップなどの目的でCDまたはDVDのディスクイメージを作成するには、まずディスクをMacに挿入し、ディスクユーティリティを起動します。

画像
diskからのディスクイメージ作成は、CD-ROMのバックアップとしても便利(※音楽CDや映画DVDなどからは作成できません)
挿入したディスクを選択した状態にして「ファイル - 新規 - disk??からのディスクイメージ…」(??は装置によって異なる)を実行、イメージフォーマットを「DVD/CD マスター」にして(保存)を実行します。

ここで、作成されたディスクイメージを選択して、「イメージ - ディスクを作成…」を実行し、ディスクイメージファイルを選択すれば、後はブランクのメディアを挿入すればOK。

ちなみに、この操作で作成されるディスクイメージの拡張子を「.cdr」から「.iso」に書き換えれば、そのままISOイメージとして使うことができます。仮想マシンソフトのParallelsやVMwareではこのISOイメージをそのまま仮想ディスクとして扱えるため、これらの仮想マシンでWindowsを利用している人は覚えておくと便利です。


【関連情報】
ディスクユーティリティの使い方
Wiki - ユニバーサルディスクフォーマット
Wiki - ディスクイメージ




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。