(※2009年5月、SDK 1.5とEclipse用プラグインのバージョンアップに伴い、内容を修正しました)

Virtual Devicesの作成


前回、android開発の環境を整えましたので、これらを使い、今回は実際にandroidのプログラムを作ってみることにしましょう。

まず最初に行うのは、「バーチャルデバイス」と呼ばれるものの作成です。これは、要するにAndoroidのエミュレータの設定だと考えてください。「ウインドウ」メニューに「Android Virtual Devices Manager」というメニューが追加されているはずです。これを選択してください。画面に、バーチャルデバイス設定のためのウインドウが現れます。

バーチャルデバイス作成のためのウインドウ。

ここでは、下のほうにある「Create AVD」というところの項目を設定し、新しいバーチャルデバイスを追加登録していきます。以下のようにそれぞれ設定しましょう。

名前――これは、デバイス名です。適当につけてください。
ターゲット――対象となるデバイスの種類です。使用するAndroidのバージョンを選びます。
SDCard――SDカードの指定です。これは空欄のままでかまいません。
Skin――表示スキン(エミュレータの表示)の選択です。使いたいエミュレータを選びます。

これらを入力し、「Create AVD」ボタンを押すと、AVD設定が作成され、上のリストに追加表示されます。