DWRって?


Javaは現在、サーバサイドでの利用がもっとも大きいウェイトを占めているといってよいでしょう。が、サーバサイドというのは、「Javaだけで全部作る」というように1つの技術で済んでしまうことはありません。さまざまな技術と組み合わせながら作るのが基本といってよいでしょう。サーバサイドJavaに挑戦する人の多くは、同時にWebのさまざまな技術も学んでいることと思います。

中でも、最近無視できなくなっているのが「AJAX」でしょう。JavaScriptによる非同期通信を利用したこの技術は、ダイナミックなクライアント表示(要するにWebブラウザ)には不可欠のものとなっています。が、JavaScriptというのは、使用するWebブラウザによって動作が微妙に異なっていたりして、なかなかに手ごわいもの。Javaの片手間にマスターするのは難しいかも知れません。

そこで、多くのJavaプログラマのために、「Javaで処理を用意し、必要に応じてJavaScriptからそれを呼び出す」ことでAJAXな処理を実現しよう――というフレームワークが登場しました。今回紹介する「Direct Web Remoting(DWR)」もそうしたものの一つです。

DWRは「Easy Ajax for Java」と謳っているように、JavaプログラマのためのAJAX環境を提供してくれる便利なフレームワークです。DWRでは、基本的なプログラムはJavaのPOJOなクラスとして定義されます。POJOというのは「Plain Old Java Object」すなわち、なんら特別でない、ごく普通のJavaオブジェクトとして作成すればいいのです。作成したJavaオブジェクトをDWRに登録することで、JavaScriptから自由に利用可能になるのです。

DWRは、現在、以下のURLにて公開されています。まずはここにアクセスしてください。

http://getahead.org/dwr

DWRのサイト。「Download DWR」をクリックするとダウンロードページに移動する。

このページの「Download DWR」というリンクをクリックすると、ダウンロードのためのページに移動します。ここで、Stable(安定版)の最新版の「dwr.jar」をダウンロードしてください。このdwr.jarが、DWRの本体プログラムです。DWRは、このJARファイル1つだけあれば動きます。複雑なファイル構成のフレームワークが多い中、実にシンプルでいいですね!

2007年9月現在、DWRの最新版は2.0.1となっています。ここでは、このバージョンをベースにして説明をしていきましょう。