東京ドームシティの大攻勢続く。

巨人の優勝はいつの間にか遠のいてしまいましたが、とはいえ私は水道橋に足を運びます。そこには野球の殿堂「東京ドーム」があるだけでなく、この5月、名称を「後楽園ゆうえんち」から「東京ドームシティアトラクションズ」に変更した東京ドームシティがあるからです。

東京ドームシティといえば、今年は何度訪れたことか。野球はさておき、5月には話題のラクーアをオープンしました。この複合商業施設は、これまでのファン層だった若年やファミリー以外である、働く女性たちに注目されるきっかけとなりました。

さらに大きい要因としては、フリーゲートになったことですね。文字どおり、遊園地に入るのに料金はフリー。デートや散歩がてらという人を多く見かけるようになりました。人々があげる歓声、わくわくするような雰囲気などが好きな人たちにとっては、まさに毎日でも行くことができるようになったのです。

そして夏。恒例のルナパークの季節がやってきました。今年は、テレビ朝日の人気バラエティ「Matthew's Best Hit TV」が協力して『Matthew's ジャンボフェスタ in ルナパーク~恋とお金の人生ゲーム』というこれまで以上に楽しめるイベントですでにスタートしています。ま、これについては後日改めて。

というわけで、東京ドームシティが熱い(ちょっと古い…)のです!

「やっぱり東京ドームは楽しいね、パパ!」
なんて言ってもらいたいお父さん、そしてお母さんも、2人でデートは夜のルナパークでしてもらって、いよいよ夏休みですし、昼間はお子さんのために東京ドームシティで遊ばせてあげましょうや。なんたって、この夏、東京ドームシティは、子供のために新たなテーマパーク「東京ドームシティおもちゃ王国」をオープン、期間限定イベント「仮面ライダーワールド03」を開催させるのですから。