「朝食、何食べに行こうか?」
「私、ローカルフードが食べたい!」
「いやいや、朝はやっぱりトーストでしょ。」
「えっ~あんまりお腹がすかないからフルーツがいいな!」

シンガポール1人旅ならこんなことはないとは思いますが、友人や家族との旅行では食べたいものが一致しないトラブルって良くある事。

朝から意見がまとまらない!そんな時におすすめのカフェレストランを今回はご紹介します。

オールアバウト『Han's』

1977年、「Han」ファミリーが経営する小さなケーキショップとしてオープンした『Han's』。創業から30年を経て、現在はシンガポール国内に21店舗を展開する、超有名ベーカリー&カフェレストランに成長しました。今後はシンガポールだけでなく、アジア各国への進出も計画中という注目のお店なんですよ。

知る人ぞ知る穴場店

Han's The Tasty Town店内
空間に余裕がある店内は、数ある『Han's』の中でもナンバーワン!
シンガポールの至る所にあるといっても過言ではない、この『Han's』。その中でも今回ピックアップしてご紹介するのが、チャイナタウンとクラークキーの中間にある『Han's The Tasty Town』店です。場所柄観光客が多そうですが、実際は店内で観光客の姿を目にする事はほとんどありません。オフィスビル『Great Eastern Centre』の1階、しかもチャイナタウンの外れに位置するということもあり、便利な立地ながら意外と知られていない穴場的なお店です。しかし平日は、ビジネス街ラッフルズ・プレイスに近いこともあり、仕事前に朝食をとるビジネスマンやランチを楽しむオフィスレディたちで賑わっています。

⇒次のページで、メニュー&店内をご紹介します♪