シンガポール国内のホテルをご紹介している、<ホテル・インフォメーション>。
パート4では、シンガポール東部のイースト・コースト・エリアにある『GRAND MERCURE ROXY HOTEL(旧 センチュリー・ロキシー・パーク・シンガポール)』をご紹介していますが、今回は、ホテルのサービスやバー&レストランをご案内したいと思います。

まず、はじめにご紹介するのは、タイ料理レストランの『BeadsThai(ビーズタイ)』

カレーや鶏肉料理など定番メニューをはじめ、タイ出身の有名女性シェフの手による本格的なタイ料理は、ローカルにも大人気のお店です。ホテル内のレストランながら、お値段もセットで2000円前後、単品でも約500円~1500円とお手ごろなのも嬉しいですよね。また、どのメニューも食べやすく、日本人でも美味しくいただけるマイルドな味となっています。

営業時間は、ランチが12:00~14:30、ディナーが18:30~22:00。
ホテルに滞在される方だけでなく、カトン・エリアの観光でお近くにこられた方にも、立ちよって欲しいタイ・ア・ラ・カルト・レストランです。

3階にある『Feast@East』は、ローカル&アジアンフードをビュッフェ・スタイルで楽しめるレストラン。宿泊した際は、普通朝食をこちらでいただきます。お昼の12時から夜10時までは、アラカルトメニューもあります。こちらの営業時間は、ビュッフェが、6:30~10:30、 12:00~14:00、 18:00~21:30、アラカルトが12:00~22:00となっています。

さて、次は、大人の夜のお楽しみタイムに欠かすことの出来ない(!?)BARをご紹介しましょう。

グランド メルキュール ロキシー ホテルには『The Lounge』『The Roxy Bar』の二つのバーがありますが、私のおすすめは、プールサイドにある『The Roxy Bar』です。


実は、<ビジネスマンの利用が多いホテルのプールサイド・バー>ということで、正直言ってあまり期待はしていなかったんです。でも、ウエルカムドリンクのサービスにつられて行ってみると、思いのほか良い雰囲気・・・。これは嬉しい驚きでした♪


プール自体は15メートルと決して大きくは無いんですが、夜になるとこのプールがライトアップされ、水面がナイルブルーに光り輝きとってもいい感じ・・・。

ウッディーなチェアーに腰かけ、シンガポールスリングのグラスを、テーブルに置いてあるランプのほのかな光にかざすと、至福のひとときが到来(笑)!皆さんも、きっと「シンガポールにいるんだなぁ・・・。幸せ♪」という気分になれると思いますよ。


反対に「オープンエアは暑くてイヤ!」という方には、インドア・エリアがおすすめ。カウンターに座り、バーテンダー相手に一杯やるのもよし、ガラスの向こうに見えるプールを眺めながらロマンティックに過ごすのもよし・・・、このスペースもなかなか寛げるスペースなのです。


♪次のページでは、その他のホテルの施設やサービスなどをご紹介します。