ある日の夕方、「美味しいコーヒーでも買おう!」と、ラッフルズ・ホテルへ行った時の事。
(コーヒーも買えたし、トリュフの缶詰も見つけたし、ちょっと散歩でもしよう!)
と、MRTシティー・ホール駅付近をぶらつく事にしました。

ラッフルズ・シティーやチャイムスでウィンドウ・ショッピングをした後、お腹もすいてきたので、食事処を探そうとペニンシュラ・プラザ方面へ。

すると、1軒のお店の前に長蛇の列、列、列!
歩道を占領するほどの人だかりに、
「な、何事かい?」と言いながら、のぞいて見ると、
『THAI‐CHINESE RESTAURANT MAGIC WOK』という看板が・・・。

「あ~ここが、マジック・ウォックなんだ。」と、名前だけは以前聞いた事はあったものの、こんなに人気のお店とは知らなかったので、かなり驚きました。

(せっかく見つけたんだし、この機会に入ってみよう!)と、この大行列に圧倒されながらも、列の最後尾へ・・・。

待つ事約15分、思ったよりも早く席に着くことが出来ました。
はやる気持ちを押さえながら、早速メニューをチェック。
どれどれ・・・、ん!?



どれもこれも安い!!
しかし味はどうだろうか・・・と思いながらも、すでに料理が出来ている隣のテーブルからの美味しそうな匂いに誘われて、何品かオーダー。

その間も、窓ガラス越しに外を見ると長蛇の列。この蒸し暑い中、シンガポーリアンも旅行者らしき西洋人の家族も、根気強く並んでいます。
(これだけ並んでいるのだから、結構期待できるかも!)などと考えていると、お料理が次々と運ばれてきました。


料理や値段などは、次ぎのページで!