寝るためだけならマウンテン&シティビュー
ホテルのクチコミ情報も必ずチェック!

さて、滞在目的に合わせたホテル選び、眺望選びのポイントをご紹介しましたが、最後に過去の経験からたどり着いたガイド独断によるホテル選びのコツを教えます。

寝るためだけなら、マウンテン&シティビュー
海が見える部屋を選んでも、オプショナルツアーやショッピングに出掛け、夜ホテルへ戻った時には、窓の外は真っ暗…… ということも。それならば、マウンテンビューやシティビューを選んで夜景を楽しんだ方がリーズナブル。ただし、ホテルの立地や環境をよく確認すること。可能であれば「高層階」のリクエストも。また、リゾートホテルに滞在し、プール&ビーチでゆったりと過ごす人もマウンテンビューやガーデンビューで十分なのでは? 海は、日中プールサイドから堪能できますよ。

1ランク下のホテルで広々滞在
ワイキキのホテルの客室は、高い宿泊料金の割りに狭く、ほとんどが30平方メートル以下(ハレクラニヒルトンなど一部のホテルを除く)。ファミリーで滞在し、エキストラベッドを入れる場合は、かなり窮屈な思いをするでしょう。

そんな時は、1ランク下のホテルに注目。同じ宿泊料金、または、それ以下でコーナー・デラックスやジュニア・スイート、眺めの良い部屋に滞在できますよ。客室の間取りや平米数は、ホテルのホームページ、ツアーパンフレット等に掲載されています。ご一考を。

ハワイフリークたちのクチコミも要チェック!
気になるホテルが見つかったら、ロケーションや周囲の環境、プールやレストラン等の施設を確認。そんな時に役立つのが、実際に宿泊した人たちのクチコミ情報です。個人のホームページやブログに掲載された宿泊記、ホテル掲示板などで生の情報を収集。ガイドブックに載っていない、実体験からのアドバイスが詰まっています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。