イベント&セールが盛りだくさん! 10・11・12月のハワイ

ダウンタウンがクリスマス色に染まる「ホノルル・シティ・ライツ」。イベントは12月から1ヶ月続く

ダウンタウンがクリスマス色に染まる「ホノルル・シティ・ライツ」。イベントは12月から1ヶ月続く

にわか雨が増え、ノースショアにビッグウェイブが押し寄せると季節も冬へ。サンクスギビングデー(11月第4木曜)を境に街は赤や緑の光に包まれ、本格的なホリデーシーズンを迎えます。サンクスギビングデー翌日には、年始まで続く冬のビッグセールがスタート。日本人旅行者が集中するクリスマスから年末は、1年で最も旅行料金が高く混み合うとき。ツアーも個人旅行も早めの予約が必要です。

<目次>  

ハワイ 10・11・12月の天気・気温と服装

冬場でも紫外線対策はしっかりと

冬場でも紫外線対策はしっかりと

10月になると、ホノルルでは最高気温が30度を切る日もあり、常夏ハワイも雨季(11~4月頃)に突入します。1年で最も雨の多い12月と夏場の6~7月を比べると、降水量は5倍以上。平均最低気温も18度まで下がり、朝晩の外出には、トレーナーやパーカー、長いズボンが必要です。12月頃には、プールやビーチで寝そべっていると肌寒く感じることはあるものの、最高気温が25度以上の日もあるので、時間を選んで遊ぶには問題はありません。
 

10・11・12月の祝日とショッピングセンター営業時間

クリスマスイブ直前は23時まで営業のアラモアナセンター。センターステージに雪が降るクリスマスイベントも開催

クリスマスイブ直前は23時まで営業のアラモアナセンター。センターステージに雪が降るクリスマスイベントも開催

ハワイの祝日には、ショッピングセンターが休み、または、短縮営業となる日があるのでご注意ください。特にサンクスギビングデー当日、そして、サンクスギビングデー翌日からクリスマスまでのホリデーシーズンは、ショッピングセンターがイレギュラー営業となるので要注意。ザ・バス(市バス)も祝日によって、日曜スケジュール、祝日スケジュールと異なって運行しています。詳しくは、ザ・バスのウェブサイトでチェックを。

10月第2月曜 コロンブスデー (Columbus Day)
1492年10月12日 イタリアの航海者クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸に上陸したとされる日。ショッピングセンターは通常営業。

11月11日 ベテランズデー (Veterans' Day)
「ベテラン(Veteran)」とは、第1・第2次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争等で戦った陸・海・空軍の退役軍人のこと。この日は彼らの名誉をたたえ、各地で記念式典やパレードを開催。ショッピングセンターは通常営業。

11月第4木曜 感謝祭 (Thanksgiving day)
農作物の収穫を神に感謝する日であり、アメリカではクリスマスに次ぐ大きな祝日。人々はホームタウンに戻り、家族や友人達と食卓を囲みます。この日、ワイキキを除くほとんどのショップ&ショッピングセンターが休業。アラモアナセンターは一部店舗のみ営業、ワイケレ・プレミアム・アウトレットは時間短縮で営業します。そして翌日からは、本格的なホリデーシーズンへ。各ショッピングセンターでは、早朝からアフター・サンクスギビング・セールを開催。ワイキキには、クリスマスパレードがやってきます。

12月25日 クリスマス (Christmas)
クリスマスイブの夜に家族や親戚、友人達と豪華な食卓を囲み、クリスマス当日は静かにゆっくりと過ごすのが習慣。24日はショッピングセンターは夕方まで、レストランはランチまでというところがほとんど。25日は、ワイキキを除くショップ&ショッピングセンター、レストランともにクローズとなります。ホテルでのディナー、クリスマスブッフェの予約は、お早めに。
 

ハワイ 10・11・12月だけの旬情報

ワイキキビーチに沈む夕日が観られるのも、冬のシーズンならでは

ワイキキビーチに沈む夕日が観られるのも、冬のシーズンならでは

10~12月のハワイは、アメリカの伝統行事が体験できるイベントが盛りだくさん! 子連れファミリーにおすすめのシーズンなのです。 まずは、10月31日のハロウィン。ワイキキのカラカウア通りでは、日が沈む頃になると仮装した人々が集まり、深夜まで大騒ぎ。ショッピングセンターやレストランでもキッズ向けのスペシャルイベントを行います。

そして、11月第4木曜のサンクスギビングデーの翌日には、街中がクリスマス一色に大変身。ショッピングセンターやワイキキのホテルがツリーやデコレーションで彩られ、ワイキキのカラカウア通りには、クリスマスパレードがやってきます。半ズボンにビーチサンダル姿のサンタをはじめ、南国ならではのユニークなクリスマスが楽しめますよ。クリスマスイブには、ワイキキビーチにサンタがカヌーに乗ってやってきます。
 
サーファーの聖地、オアフ島ノースショア。人の背丈の4倍、5倍もあるビッグウエーブが押し寄せる

サーファーの聖地、オアフ島ノースショア。人の背丈の4倍、5倍もあるビッグウエーブが押し寄せる

夏の穏やかなビーチが一変し、大波が押し寄せるオアフ島ノースショアでは、熱気あふれるサーフィン大会が行なわれます。周辺は、サーファーたちの技を観戦しようとかけつけたローカルたちで大渋滞に。続いて、イベント情報をご紹介します。
 

ハワイ・10・11・12月のおもなイベント

旅行者も一緒に盛り上がるワイキキのハロウィン (写真協力:ハワイ州観光局)

旅行者も一緒に盛り上がるワイキキのハロウィン (写真協力:ハワイ州観光局)

10月31日 ハロウィン
オアフで一番熱いハロウィン会場は、ワイキキのカラカウア通り。夕方から夜遅くまで仮装したローカルや旅行者で賑わいます。アラモアナ、ワードなどのショッピングセンターでは子供向けイベントを開催。

11月中旬~12月中旬 ヴァンズ・トリプル・クラウン・オブ・サーフィン
世界のプロサーファーたちがノースショアのビッグウェイブに挑むサーフィン大会の最高峰。3つの大会を通してその年のチャンピオンを決定します。

12月上旬~1月上旬 ホノルル・シティ・ライツ
約1ヶ月間ダウンタウンがイルミネーションとクリスマス・デコレーションで彩られるホノルル市主催のホリデーイベント。ワイキキから見学トロリーも出発。

<紹介記事>
光のクリスマス、ホノルル・シティ・ライツ

12月第2日曜 ホノルル・マラソン
毎年30,000人以上がエントリーするアメリカ3大マラソンの1つ。日本からも大勢のランナーが参加します。


このほかにも10~12月のハワイは、見逃せないイベントばかり! 詳しい日時は、毎月アップするイベント情報記事でご紹介しています。  

ハワイ 10・11・12月のセール情報

ロイヤル・ハワイアン・センターでは、サンクスギビングデー当日にセールを開催

ロイヤル・ハワイアン・センターでは、サンクスギビングデー当日にセールを開催

10~12月のハワイは、毎月がセールの月。10月第2月曜のコロンブスデーを含む週末には、ワイケレ・プレミアム・アウトレットでコロンブスデー・セールを開催。子供服が充実していることで人気のデパート、メイシーズ(アラモアナセンター、カハラモールほか)でも毎年コロンブスデーにセールを開催しています。

11月第4木曜のサンクスギビングデー翌日には、アフター・サンクスギビング・セールが行なわれ、そのままクリスマスセールヘ突入。クリスマス翌日の12月26日からは、さらにお得なアフター・クリスマス・セールがスタートします。セールが進むほど割引率はアップしますが、品揃えが少なくなるのも事実です。

ホリデーシーズンは、ショッピングセンターの営業時間に気を付けて。アラモアナセンターの場合、クリスマスイブ(12月24日)までの約1週間は、23時まで延長営業。イブは18時までの短縮営業、クリスマスは、一部の店舗をのぞいて休館に。そして、「アフター・クリスマス・セール」が行われる12月26日は、朝8時にオープンします。詳しい営業時間は、ウェブサイトに掲載されるので要チェックです。

<紹介記事>
ハワイでショッピング!セール時期を一覧で

【関連記事】
ハワイの旅行ベストシーズン、気温・気候、雨季情報
ハワイの文房具、お土産にしたいおすすめ6選
ハワイ限定のお土産2019!おすすめ雑貨&お菓子20選
ハワイ州最大の祭り、アロハ・フェスティバル
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。