梨大のおすすめ定食屋さん

とろりと卵も入ってピリ辛でほかほか美味しいスドゥブチゲ(イメージ)
梨大周辺には美容室、コスメショップ、ドラッグストアといった美容関連のショップの他、カフェやベーカリー、パスタといった洋菓子や洋食の店も多く見られます。グルメについては新村エリアに比べてやや押され気味な感もありますが、学生から留学生、観光客にも人気の隠れたグルメのお店を教えちゃいましょう!

まずは韓国家庭料理の定食屋さんオンマソンです。「オンマソン」とは「お母さんの手」という意味。こちらのメニューはキムチチゲやテンジャンチゲ、ビビンパ、冷麺、カルグクス(韓国風うどん)など韓国の家庭料理を代表するものが多いですが、中でも一番人気はスンドゥブチゲ定食です。スンドゥブとはおぼろ豆腐のことで、アサリやカキ、豚肉でダシを取り、唐辛子やニンニクを入れて煮込んだ鍋料理で、ピリ辛ながらも卵が落とされているため、まろやかさが加わっています。食べ終わる頃には汗も出て体の中から温まりますよ。昼や夕方は学生で混み合うことも多いので、少し時間を外して行くとゆっくりと食事ができますよ。「韓国の地元の人が行く食堂に行ってみたい!」という人はどうぞ。

<DATA>
オンマソン
  • 住所:ソウル市麻浦(マポ)区デヒョン洞56-24

  • 電話番号:02-312-3525

  • 営業時間:9:00~21:30

  • 休業日:旧盆、旧正月の連休中

  • 日本語:不可

  • アクセス:ソウル地下鉄2号線・梨大(イデ)駅(2号線41番駅)を下車、2番出口を出て梨花女子大学(正門)方面に直進し、3つ目の通りを左折、さらに少し歩くと左手に小さい道がありますのでその道を入ってすぐの右手です。


  • 人気の韓国伝統菓子のお店で至福の一時を

    美しい色合いや形が特徴の餅菓子(イメージ)
    続いては、韓国の伝統餅菓子、韓菓の専門店・同餅常恋(ドンビョンサンリョン)をご紹介します。これまでにも伝統茶韓定食の記事と共に、韓国の伝統菓子について触れたこともありましたが、実は韓国では旧正月や結婚、出産、誕生日、引越しといった慶事的なイベントで餅菓子が振舞われることがあります。形や見た目の美しさにこだわりを持った菓子の数々は目をも楽しませてくれます。

    日本からの観光客もお土産に買いに訪れることも多く、学生のおやつ代わりとしても人気で夕方には品切れになってしまうことも珍しくありません。1つずつ包装がされているので自分の好みのものを選んで買うことができ、義ギフト用に箱詰めにもしてもらえます。また、店内で伝統茶と共に菓子を食べることもできますので、ケーキとコーヒーは違った韓国スタイルのティータイムにおすすめです。

    梨大の旅はいかがでしたか?ソウルの他のエリアが観光スポットとして整えられているのが多い中で、新村と共に梨大はどこか素朴で地元の雰囲気も味わえる学生街でありながら下町のような感じも魅力ですね。また、女性にも嬉しいエステやグルメも楽しめる梨大に行ってみませんか?

    同餅常恋(ドンビョンサンリョン)(韓国語)
  • 住所:ソウル市麻浦(マポ)区デヒョン洞53-9

  • 電話番号:02-393-9731

  • 営業時間:9:00~20:00

  • 休業日:日曜日、祝日

  • 日本語:少々なら可

  • アクセス:ソウル地下鉄2号線・梨大(イデ)駅(2号線41番駅)を下車、3番出口を出て梨花女子大学(正門)方面に直進し、2つ目の通りを右に曲がり、さらにその道(やや傾斜があります)の1つ目の角を今度は左に曲がります。30m程入った右手にお店が見えます。


  • 【関連記事】
  • 韓国グルメの隠れた魅力、伝統茶
  • (All About韓国)
  • チャングムの味を求めて宮廷韓定食
  • (All About韓国)

    【関連リンク】
  • ソウルナビ・梨大周辺マップ
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。