海外のレストランでの食事。期待が大きい一方、どんな服装でいったらいいの?子供連れでも大丈夫?同席者同士で分け合うのはダメ?など、気になることがたくさんありますよね。そこで、オーストラリアにおけるレストランでの食事マナーについて、まとめてみました!

≪INDEX≫

オーストラリアでの食事時の服装は?

きちんとしたレストランでのディナーにおいては、他の西洋諸国同様、服装に気をつけたいもの。とはいえ、オーストラリアでは正装=フォーマルを要求されるようなところはまずありません。わざわざスーツを持参する必要は、ほとんどないでしょう。

オーストラリアのドレス・コードは、スマート・カジュアルが基本。スマート・カジュアルとは、 フォーマルやセミ・フォーマルほど堅い必要はなく、かといって半パンにビーチ・サンダルのようなカジュアルは×といった感じの服装のこと。ジーンズでも小奇麗なスタイリングであればOKです。

反対に絶対に避けたいのは、男性のノースリーブ、かかとのない靴(足の甲などが見えるものも含む)、女性のホットパンツ=極端に短いパンツなど。Tシャツなどの襟ナシは絶対にダメということはありませんが、男性はやはり、襟付き+長ズボンが無難です。女性ならワンピースにサンダルなど、リゾートっぽいスタイリングも○。

そして、ランチの場合。これは、相当気張ったレストランでない限り、カジュアルな服装でOK!もちろん、Tシャツ+半パン(あまり足のでないタイプ)でも大丈夫です。ビーチ沿いのカフェ・レストランのようなところなら、ビーチ・サンダルでも問題ありません。

気楽な格好で、肩肘張らずに食べられるのが、オーストラリアのいいところ。堅苦しいスーツから開放されて、ゆったりとリラックスして、おいしい食事を楽しんでください!

次のページでは、レストランに子供連れはOK?1品を2人でシェアしたいけれど、分け合うのは恥ずかしい?…といった疑問を解決!