19世紀の佇まいをそのままに残すクラシック・トレインに乗って、世界遺産の熱帯雨林へ!

ケアンズから日帰りで楽しめるツーリスト・アトラクションとして人気の高い「キュランダ鉄道」に、ワンランク上のサービスが受けられるゴールドクラス=特等車が誕生し、話題を集めています。

普通車でも景色は十分楽しめますが、ちょっとリッチな気分に浸りながらキュランダへの旅が愉しめるゴールドクラス。優雅な1Day 鉄道旅行をレポートします!


クラシックなキュランダ鉄道で、世界遺産の森へ

厳しい自然と闘いながら、熱帯雨林の山中を切り開かれたキュランダ鉄道。

青く輝くグレートバリアリーフを遠くに望み、緑深い熱帯雨林の森、滝やバロン渓谷の絶景など、途中に現れる壮大な景色を愉しみながらの約1時間半の鉄道旅行です。

19世紀そのままに時を止めてしまったようなクラシックな列車はゆっくりと山を登り、世界遺産の熱帯雨林の合間を縫って、キュランダ村へと向かいます。キュランダ鉄道の終着駅でもある熱帯雨林に囲まれた小さな村キュランダは、散策やお土産探しにもぴったり!

そのキュランダ鉄道に、ちょっとリッチな気分が味わえるゴールドクラスが登場しました。これまでの一般席とは一線を画した専用車両のゆったりとした座席で、ゴールドクラスのゲストだけが受けられる様々なサービスを愉しみながら、旅することができます。

次ページからは、キュランダ鉄道ゴールド・クラスの車内やサービス、かわいいキュランダ村をご紹介します!