夏の強い日差しを浴びて、サンタさんも暑そう…

12月も半ばに差し掛かりました!オーストラリアは、すっかり夏!蝉の声が煩いほどです。 

さて、これから年末年始にかけてオーストラリアへお出掛けになる方にとって、一番気になるのはクリスマスと年末年始にお店が開いているか?ということじゃないでしょうか?

そこで、ショップやレストラン、そして主要都市における交通、現地発着ツアーなどの営業とお休みの状況についてまとめました!

デパート&ショップ

12月24日(クリスマス・イヴ) デパートは17時または18時頃まで営業。一般ショップは16時または17時頃までが大半。
12月25日(クリスマス・デー) ほぼすべてクローズ。※注)参照のこと。
12月26日(ボクシング・デー) ほぼクローズ。大手チェーン系店舗はセールを開始するところも。※注)参照のこと。
12月31日(大晦日) ほぼ通常通りの営業。
1月1日(元旦)  ほぼすべてクローズ。
1月2日以降は通常通りの営業となる。

大手チェーン系スーパーマーケットは、クリスマス・イヴの24日は22時頃まで、大晦日の31日は21時頃まで営業。クリスマス、ボクシング・デー及び元旦はクローズ。

レストラン

12月24日(クリスマス・イヴ) ほぼ通常通りの営業。ただし、クリスマス・ディナーのみとなる店が多い。
12月25日(クリスマス・デー) クローズする店も多いが、ランチはオープンする店も。一部の店はディナーもオープンするが、ほとんどは予約のみ。
12月26日(ボクシング・デー) クローズする店が多い。
12月31日(大晦日) ほぼ通常通りの営業。ただし、ニューイヤーズ・イヴ・ディナーのみとなる店が多い。
1月1日(元旦)  ほぼクローズ。
1月2日以降は、ほぼ通常通りの営業となる。

現地発着ツアー、観光施設など

12月25日(クリスマス・デー)は、ほとんどのところが休業。ツアーは年末年始でも営業するところが多いが、動物園などは31日大晦日と1月1日(元旦)は閉館するところも多い。各施設、ツアーによっても異なるので、要確認のこと。

都市の公共交通

公共交通機関は、22日もしくは23日頃から運行本数が減少する傾向。クリスマス以降、主要都市では土曜日、または祝祭日同様のタイム・テーブルなど、通常時より少ない本数で運行するところが多い。地方都市ではほとんど動かない状況になるところも多いので注意が必要。

大晦日は、シドニーをはじめ各都市で新年を祝うニュー・イヤーズ・イヴ・セレブレーション(花火大会など)が行われるため、該当エリアは一時的に全面ストップになるところもあるので、要注意。

また、これからお出掛けになる方は、日本とは季節が逆なので、服装なども考慮してお出掛けください!どんなことに注意すればいいか?は、「11~12月の旅行はここに注意!」をご参考に。

注)ショップ等に関しては、ほぼすべてがクローズになるクリスマス及び元旦でも、例外的に営業するブランチや中国系などクリスマス及び西洋暦と無縁のオーナー経営の店は営業するところもある。詳しくはこちらのコラムで。

【関連記事】
2006年度版 オーストラリア休日カレンダー
11~12月の旅行はここに注意!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。